[スポンサーリンク]

2017年1月16日(月)、札幌市保健所の食品衛生監視員(通称「食品Gメン」)のお仕事を体験する、“子ども食品Gメン体験事業”が、札幌市保健所と札幌バルナバフーズにて行われました。

参加者たちは、食品Gメンの仕事がどんなものかを学んだり、手洗いや白衣へ着替える練習を行ったりしました。 手洗いではちゃんと洗ったつもりでも、手洗いチェッカーという道具を使うと、よごれがたくさん残っていて、参加者は驚いていました。  

その後、札幌バルナバフーズの工場を見学しながら、調理器具のよごれの量を実際に測ったり、食品Gメンの仕事を体験しました。

また、最後にはハムやベーコンを試食し、食品Gメングッズをお土産にもらいました。

参加者全員に、「しろくま忍者」から食の安全・安心マスター修了証が授与され、食の安全・安心への取り組みも学び、楽しさいっぱいの1日となりました。


主催:札幌市保健所

[スポンサーリンク]