[スポンサーリンク]

2月4日(土)、札幌市豊平区の体育館・北海きたえーるで、トップアスリートチャレンジというイベントが開催されたよ。

北海道にゆかりのある選手や、世界で活躍する選手が先生になって、札幌市に住む小学生たちにスポーツを教えてくれたんだ。

どんな内容だったのか、紹介するね!

ブラインドサッカー、陸上(走り方)、剣道、体操の4種目を、81名の参加者全員が順番に体験したよ。
ブラインドサッカーはナマーラ北海道の髙橋翔平監督と選手たち、陸上は北風沙織さん(2006年アジア大会100m7位)、剣道は安藤翔さん(2015年世界選手権優勝)、地白允大さん(2016年全日本選手権3位)、体操は中野大輔さん(2004年アテネオリンピック団体金メダル)が講師として来てくれたんだ。

 

受付・開講式

入り口で受付をしたみんなは、オリジナルTシャツに着替えて、メインアリーナへ。

講師のみなさんと会って、ワクワクドキドキ!

 

ブラインドサッカー

目かくしをして、鈴が入ったサッカーボールをけったよ。

すごく難しかったね。相手に声をかけることも、とっても重要なんだって。

 

陸上(走り方)

ただ走るだけではなくて、ひざを高く上げたり、ジャンプしながら走ったりしたよ。

先生と競争したら、すっごく速くてびっくり!

 

剣  道

すり足を覚えることからスタート。

竹刀を初めてにぎったお友達もいたよね。大きな声で「めーん!」と言いながら、先生に技を決めたよ。

 

体  操

柔軟体操から始まり、前転、後転、側転、とび箱などにチャレンジしたよ。

体をやわらかく保つことは、けがの予防になることも学んだよ。

 

じゃんけん大会

4つの競技を体験した後は、じゃんけん大会で盛り上がったよ。

勝ったお友達には、スポーツ応援米がプレゼントされたんだ。

お昼ご飯も、スポーツ応援米を使ったお弁当をみんなで食べたよ。

 

閉講式

先生たちとも、とっても仲良しになったみんな。

イベントの最後は、とってもさわやかな笑顔を見せてくれたね。1日おつかれさまでした!

公益財団法人北海道体育協会 利用サービス課 近藤哲郎さん

どさんこの体力向上をサポート!

トップアスリートチャレンジは、北海道の子どもたちが1日でさまざまなスポーツを体験することで、スポーツの楽しさを体感してもらうことが、一番の目的です。

今回、小学1年生から4年生までの81名が参加してくれました。

部活や少年団などに入る前段階で、本格的なスポーツを経験してもらう良い機会にもなればと思っています。

[スポンサーリンク]