[スポンサーリンク]

今月のテーマ「プログラミングの楽しさ」

 

作って、バラして、また作る。
エコなレゴブロックのロボットで、
プログラミングの楽しさを知ってほしい。

 

渡邊 俊之さん

株式会社フレックスジャパンIT教育事業部

パルティス・ロボットアカデミー責任者

 

 

みんなが大好きなレゴブロック

パルティス・ロボットアカデミーでは、小学生のレゴブロックを使ったプログラミング教室を運営しています。
「小学1・2年生はレゴWeDo2.0、小学3~6年生はレゴMindstorms EV3というレゴブロックのロボット教材を使います。
 
低学年はipad、3年生以上はノートパソコンで、レゴブロックのロボットを動かすプログラミングをします。子どもたちはレゴが大好きなので、楽しみながら学べることが最大の魅力です」と渡邊さんは話します。
文部科学省では、2020年から小学校でのプログラミング教育の必修化を決めています。今、体験しておくと安心できますね。

 

 

仲間といっしょにやりとげる力

「レゴの良さは、作っても、バラしてまた作れる、エコなところです。

子どもたち同士で協力し合いながら、クラスは進んでいきます。プログラミングを学ぶことで、最後までやりとげる力が付き、論理的な思考も育てられます。

順番に組み立てて、理解していく工程は、他の教科でも必ず役立ちます」と渡邊さん。

最後に教室でのエコ活動について聞きました。

「電気をこまめに消したり、夏はエアコンの温度を高めに設定したりすることで、エコを実践しています。」

 

[スポンサーリンク]