[スポンサーリンク]

今年、開校50周年の八軒小学校


西区八軒小学校は、今年、開校50周年をむかえます。

「やさしさいっぱい よく考え よく遊ぶ」を合言葉に、児童のみなさんは、古い校舎を大切に使っているそうです。

環境委員会が中心となって、ごみひろいを行ったり、エコ活動を推進したりしています。

 

こうやって、全校児童のみなさんに呼びかけることで、学校はもちろん、校区、家においても、ごみをへらそうという気持ちが芽生えますよね。

牛乳パックの回収とごみの分別


 

教室では、資源ごみと一般ごみに分けて、ごみの分別を行っています。

 

廊下の一角で、さらにごみをこまかく分別。

児童、先生、みなで分別に取り組んでいます。

 

牛乳パックも、洗って、開いて、かわかして、回収しています!

近隣の郵便局前に花を植える活動


毎年、5年生が植木鉢に花を植え、近くの郵便局前で育てているそうです。

とてもすてきな活動ですね。

地域美化にも力を入れている八軒小学校。

これからの活動に注目したいと思います!

 

【レッツトライエコライフ】みんなの学校の校長先生を紹介します!【西区】札幌市立八軒小学校 校長 西村 裕子 先生

[スポンサーリンク]