[スポンサーリンク]

今回は、環境に関する注目の話題として、8月に実施された「コカ・コーラ環境フォーラム」について紹介するよ!

公益財団法人コカ・コーラ教育・環境財団は、心豊かでたくましい人づくりを理念として、環境教育事業を行っているよ。「コカ・コーラ環境フォーラム」は、毎年春に募集している「コカ・コーラ環境教育賞」の最終選考にあわせて実施。

グループ間の交流や北海道での自然体験を通じて日本各地の自然や活動について学び合うことが目的なんだ。

 

第24回の今回は8月18日(金)~20日(日)の3日間、夕張郡栗山町にある「雨煙別小学校コカ・コーラ環境ハウス」で開催されたよ。

「コカ・コーラ環境教育賞」に応募した81団体の中から選ばれた、小学生から高校生までの15団体が参加。東京や札幌の大学生も運営のお手伝いで参加したよ。19日(土)に、各団体が活動の実績や今後の企画を発表し、最終選考が行われたんだ。

 

北海道からは、「帯広市立帯広第八中学校自然観察少年団」と「札幌市立定山渓中学校」が参加し、優秀賞を受賞したよ。

最優秀賞を受賞したのは、滋賀県の「草津市立渋川小学校」(活動部門)と岩手県の「遠野緑峰高等学校」草花研究班(次世代支援部門)だったよ。

来年度も開催予定だから、ぜひウェブサイトをチェックしてみてね!

 

特定非営利活動法人 雨煙別学校
コカ・コーラ環境ハウスでふるさと自然体験しませんか?

大自然の中での感動体験

雨煙別小学校が開校したのは、明治30年頃。子どもたちの学び舎として、木造二階建ての校舎は活躍してきました。平成10年に、98年の歴史に幕を閉じ、閉校。そして、平成20年に風雨をしのいできた旧校舎の再生を目指し、NPO法人雨煙別学校が設立されました。

コカ・コーラ環境ハウスは、この雨煙別小学校を拠点とし、さまざまな教育活動、自然体験、文化・スポーツ活動などを行っています。栗山の自然にどっぷりとつかり、五感をフルに使った原体験を楽しんでいただけます。

プログラムメニュー

夕張川やハサンベツ里山など、地域の環境を活かした自然体験プログラムを用意しています。中でも、栗山町が推進する「ふるさと教育」として長年実践されてきた「ふるさと自然体験プログラム」は、小中学生の総合学習や理科の授業の一環として、取り入れていただける内容になっています。

子供会やご家族単位などでも、ご利用いただけます。

 

参加してみませんか?
ふる里山くり山の米づくり

第三回・稲刈りと里山のキノコ観察 参加者募集中!

●開催時期:9/24(日)
●実施場所:ハサンベツ里山(里山センター)
●対象:小学4年生以上(保護者同伴であれば幼児の参加も可能)
●参加費:大 人1名 2,500円、子ども1名 2,000円

<お問い合わせ・イベントのお申込み>

「雨煙別小学校 コカ・コーラ環境ハウス」事務局
〒069-1503
北海道夕張郡栗山町字雨煙別1-4
TEL/FAX 0123-72-1696
http://uenbetsu.jp/

[スポンサーリンク]