[スポンサーリンク]

今月のテーマ:「サイクリングで自然と親しもう」

今回、お話をうかがったのは、定山渓でレンタサイクルショップを経営する、ニール・ハートマンさんです。サイクリングの魅力などについて、お聞きしました。

 

自分の力でどこまでも行けるサイクリングで、新鮮な空気を感じながら、豊かな自然を楽しもう。

レンタサイクルショップ経営、映像制作
Neil Hartmann(ニール・ハートマン) さん

1972年サンディエゴ生まれ。1991年から北海道で暮らし始め、ラジオやテレビ、イベントの司会やMCとして活動。その後、スノーボード映像の撮影を独学で開始。現在は、レンタサイクルショップの経営、映像制作、写真家として活躍中。

 

自然を身近に感じるサイクリング

アメリカのサンディエゴで生まれ育ったニールさんは、19歳から北海道で暮らし始めました。現在は、自然豊かな定山渓で、レンタサイクルショップ LOCALE ーJZK を経営しています。

「国立公園の中にある定山渓での滞在が、より楽しく充実したものになるように、レンタサイクルショップを始めました」と、ニールさんは話します。

サイクリングの魅力についても聞いてみました。「サイクリングをすると、自然がさらに近くなり、新鮮な空気をたくさん感じられます。車に乗っていると見のがしてしまうような感動にも出合えます」。

 

自然の中で遊ぶこともエコ

LOCALE ー JZK では、北海道産の素材にこだわって作った、バウムクーヘンやソフトクリームなども販売しています。「バウムクーヘンは、定山渓の空気を巻き込みながら、一本一本気持ちを込めて焼き上げています」。自然の中で食べると、よりおいしそうですね。

最後に、エコ活動について聞いてみました。「ポータブルの太陽光発電機を持って、携帯電話やカメラの充電に利用しています。小学生のみなさん、自然の中でを使って思い切り遊ぼう。それがエコにつながるよ」。

[スポンサーリンク]