[スポンサーリンク]

飲み物や調味料などの容器として、ペットボトルは毎日のように使うよね。

使用ずみのペットボトルは、リサイクルされていることを知っているかな?どのように、どんな物にリサイクルされているんだろう?

いっしょに工場にせん入して、見てみよう!

 

北海道ペットボトルリサイクル株式会社/東区中沼のリサイクル団地にあるペットボトルリサイクル工場を見学させてもらったよ。

 

使用ずみのペットボトルが資源として生まれ変わる!

毎日の生活で使用するペットボトル。みんなが住んでいる札幌市では、かん、びんといっしょに収集しているよ。集められたペットボトルは、資源選別センターで仕分けされて、ペットボトルリサイクル工場へ送られるんだ。

とても大きな機械を使って、塩ビ(PVC)のボトルや金属、ラベル、その他のごみなど、混ざっているものを取りのぞき、ペットボトルは8㎜以下のフレーク状にくだかれる。そして、卵のパック、野菜やフルーツのパック、繊維、ペットボトルなど、いろいろなものに生まれ変わるんだよ。

ペットボトルが回収されるときに、キャップやラベルが付いたままだったり、中に飲み物が残っていたりすると、リサイクルするための作業が増えて、とても大変なんだ。だからキミも、リサイクルしやすいように、ルールを守って分別するようにしてね!

 

スタート

選別センターから届いたペール
重機を使ってペールを解体

選別センターで、ペットボトルはつぶされて、500~600本ぐらいにまとめられるよ。

このかたまりを“ベール”と呼ぶんだって。ベールを解体しながら、機械に投入していくよ。

 

いろいろな工程を通っていくよ

ペットボトルはベルトコンベアに乗って、進んで行くよ。

その途中で、ラベルをはがしたり、かんや塩ビ(PVC)などの容器が混ざったりしていたら、分けていくんだ。

 

流れてくるペットボトルを手作業でチェック!

機械で取りのぞけなかったものを、手作業で仕分けるよ。いろいろなごみが入っているペットボトルもあるんだって。

 

とても大きい音がしたよ
8mm以下のフレーク状に

ペットボトルを機械でくだくよ。8mm以下と、とても小さいフレーク状にするんだ。

ここまでで取りのぞけなかったキャップやラベルなども、いっしょにくだかれるよ。

 

水で洗ってさらに仕分けるよ

フレーク状になったペットボトルを水で洗うよ。

ラベルやキャップなどは軽いから水にうくけれど、ペットボトルはしずむから、そうやってさらに分けるんだ。

 

袋の中に大量の粉などが入っているよ

大きな袋の中身は、くだいたときに出たペットボトルの粉やごみ。

火力発電所に運ばれて、燃料として使われるんだって。

 

ゴール

リサイクルの次の工場へ

きれいなフレーク状になったペットボトルは、サイロに集められたり、大きな袋に入れたりして、他の工場へ運ばれ、リサイクルされるんだ。

 

いろいろなものに生まれ変わるよ!

卵のパック、野菜やフルーツのパック、衣類に使う繊維、ペットボトルなどにリサイクルされるよ!

 

 


監修:札幌市環境局環境事業部

 

[スポンサーリンク]