[スポンサーリンク]

自然が近い、のんびりした環境


新陵東小学校の近くには公園や川などがあり、児童のみなさんは、夏に水遊びなどを楽しんでいるそうです。自然がすぐ近くにありますが、まちづくりセンターが隣にあったり、ショッピングセンターも近く、新発寒地区の中心でもあります。

のんびりした、住みやすい環境の中で、新陵東小学校の児童のみなさんは、毎日活動をしています。校内では、「みんなのくらし委員会」が中心となり、水飲み場などで手洗いの仕方や節水を呼びかけるポスターを貼りだしています。

また、節電意識も高く、使わない照明のスイッチをこまめに切っているそうです。

スイッチ近くに、こんな掲示があると、しっかり節電したくなりますね。

「みんなのくらし委員会」の児童のみなさんは、”ろうかを走らない”“ろうかは右側を歩く”“あいさつをしよう”といった呼びかけもしています。さらに、ウーパールーパーの世話やせっけんの交換などもしているそうですよ。

集めたごみを、しっかり分別


教室で出たごみは、プラスチック類や金属類などにも、しっかりと分別しています。

インクカートリッジの回収もしているそうですよ。

屋上に太陽光パネルを設置


新陵東小学校の屋上には太陽光パネルがあり、校内で使用する電気を発電しているそうです。

玄関近くには、モニターが設置されていました。

このモニターを見ながら、どれだけ発電されているか、どれだけ電気を使っているかなどを確認できますね。二酸化炭素の削減量も知ることができ、学校でどれだけエコ活動を実践しているか、一目で見ることができるのは、とてもいいことですね!

玄関近くのホールには、大きな壁画がありました。本やテーブル、いすがあり、このような空間が校内にあると、児童のみなさんもほっとできます。

自然と都会の中で、のんびりと元気に過ごす、新陵東小学校のみなさんの今後も活動に注目したいですね。

[スポンサーリンク]