[スポンサーリンク]

地元食材を活かした料理を親子でつくろう!

2017年11月19日(日)、北ガスショールームSAGATIK内にあるクッキングスクールで、「第11回 ウィズガス全国親子クッキングコンテスト」の北海道地区決勝大会が行われたよ。

全道2,200件を超える応募の中から、予選を勝ち抜いた小学生の親子5組が、地元食材を活かしたオリジナルレシピを、ガスを使って調理。

料理のおいしさだけではなく、調理技術・親子のコミュニケーションなどを競ったんだ。みんな緊張しながらも、親子が力を合わせて、楽しく料理していたよ。

優勝したのは道東地区代表の荒井さん親子。北海道代表として、1月に東京で行われる全国大会に出場するよ。

ちなみに、全国で5万8千組以上の親子が応募した大きな大会なんだ。

北海道には、特色のある食べ物がたくさんあるから、みんなの住んでいる地域の食材をとり入れながら、いろいろな料理ができそうだね。

栄養バランスも考えながら、家族の好きな料理をつくってみよう!

 


【主催】ウィズガスCLUB(一社)日本ガス協会北海道部会(一社)北海道LPガス協会(一社)日本コミュニティーガス協会北海道支部

[スポンサーリンク]