アイキャッチ

[スポンサーリンク]

エコチル読者の小学生のみんな! 2020年から、小学校でプログラミングの勉強が始まるって知ってる?「なんかむずかしそうだな」「パソコンはよく分からないや」というお友達もいるかもしれないね。

今年4月からプログラミング講座を始める個別指導Axisに、お話を聞いてきたよ。プログラミング教育とは何なのか、ここで紹介するね!

 

プログラミングの考え方が大事

この記事を読んでいる小学生や、そのお父さん、お母さん方は、「プログラミング教育」という言葉を聞いて、コーディングなどを勉強することを想像している人は多いと思う。でも、文部科学省がすすめようとしているプログラミング教育は、そういうものではないんだ。

今、私たちの暮らしの中には、たくさんのコンピューターが使われているよね。コンビニやスーパーのレジ、駅のエスカレーターやエレベーター、クルマだってバスだってそう。本当にいろいろな物に、コンピューター技術が使われている。

それらのコンピューターの働きを理解しながら、自分の問題を解決するために、どう活用していくか。そういったプログラミング的思考が、この教育の基本なんだ。プログラミング教育はむずかしい勉強ではなく、これからの未来を生き抜く力をつけるものなんだよ。

*コーディングとは…コンピューターなどで、プログラム言語を使ってプログラムを作成すること。

 

KOOV™を使って身につく5つの力

個別指導Axisでは、ソニー・グローバルエデュケーションとオリジナルカリキュラムを共同開発。

ソニー発のKOOV™(クーブ)という、色鮮やかなブロックとさまざまな電子部品がそろった最新の学習キットを使って、ロボットプログラミング講座を開講するんだって。

ロボットを作り、それを動かしていく工程にチャレンジすることで、次の5つの力を身につけることを目指すよ。

身に付く5つの力

何度もくり返し考えたり、出されたミッションをクリアしたり、組み立てたブロックのロボットをパソコンの画面で多面的に見て考えたり。楽しみながら、いろいろな力をつけていくことができるんだ。

 

おもしろい! 楽しい!プログラミング

クープ01
KOOV™のロボット。カラフルでおもしろい物がいっぱい
クープ02
センサーやモーターを使うロボットも作るよ

講座の中では、例えばこんなことをするよ。

「衝突を回避する自動車」というテーマでは、前にある障害物をセンサーが見つけて自動的に止まり、方向を変えて走る自動車を作る。障害物をどうやって見つける? 自動車をどう組み立てる? うまく衝突をさけられる? そういうことを自分の力で考えていくよ。

プログラミングは、とってもおもしろくて、楽しくて、ワクワクするもの。しかも、とても大事な力を身につけられる。キミも学校の授業にそなえて、ぜひ挑戦してみない?

 

自分で考える力を育てる それがプログラミング教育です

関口さん

株式会社ワオ・コーポレーション
個別指導Axis北海道本部  関口 和宏さん

これからの時代を生きる子どもたちに求められる力を育てるために、ロボットを使ったプログラミング教育が注目を集めています。プログラミング教育は、コーディングが目的ではなく、その思考を取り入れるための教育です。さまざまな物をどう組み合わせるかなど、自分で考える力を育てるものです。 また、ロボットを組み立てる際は、パズルのようにあれこれ試しながら製作しますので、まさにトライ&エラーをくり返しながらゴールを目指す、そのプロセスに価値があります。受け身ではなく、自分から動ける人間を育てるのがプログラミング教育なのです


個別指導 Axis

[スポンサーリンク]