[スポンサーリンク]

みんなが毎日の生活で使っている製品には、さまざまな化学物質が使われていることを知っているかな?

化学物質はとても便利なものだけれど、使い方をまちがえると、人や環境などに悪い影響を与えてしまうんだ。

ここで、身近な化学物質について、いっしょに学ぼう!

 

人間の体も 化学物質!?

みんなは化学物質と聞いて、どんな物を思いうかべるかな? プラスチック製品や燃料などをきっと思い付くよね。

図1

図2

図1・2にあるように、化学物質には元々自然界にある物と、人間が作り出した物がある。

ちょっとむずかしい話になるのだけれど、化学物質を分解すると、それ以上分解できない「元素」と呼ばれる物質になるんだ。身の回りにある物は、すべて「元素」でできているんだよ。

さらに、骨や血液などでできている人間の体には、タンパク質や鉄分などの化学物質がふくまれているから、人間の体も化学物質でできているといえるんだ。なんだか、ちょっと不思議だね。

 

生活に役立つ とても便利な物

私たちは、生活の中でさまざまな化学物質を使っているよね。燃料、接着剤、ゴム、洗剤、香料、保存料、殺虫剤など…あげればキリがないほど。

例えば、ガソリンには爆発する性質があり、その爆発を自動車などのエネルギーに使っているし、洗剤には界面活性剤という油よごれを落とす成分が入っていて、その性質を洗たくなどに使っている。

図3では、生活で利用することが多い製品をまとめているよ。日常のいろいろな場面で、たくさんの化学物質が使われていることが分かるね! 製品に付いている「品質表示」には、使用している化学物質について書かれているよ。

みんなのおうちには、どんな化学物質があるかな? その物質は自然界に元々ある物かな? それとも人間が作り出した物かな? 調べてみると、おもしろい発見があるかも!

 

化学物質は かしこく使おう!

化学物質は、とても便利な物だと分かったよね。でも、使い方をまちがえてしまうと、人間や動植物などに悪い影響を与えてしまうこともあるんだ。

化学物質による環境への悪影響を減らすためには、

①表示をよく読み、使用上の注意を守って正しく使う。
②むだ使いをせず、必要な量だけ使うようにする。
③部屋の中で使うときは換気などをしっかり行い、体にとりこむ量をできるだけ減らす。

といったことが大切だよ。みんなもきちんと守って、生活しよう!

化学物質〇×クイズの答え
Q1.〇 Q2.× Q3.× Q4.〇 Q5.〇

[スポンサーリンク]