聞かせてプロフェッショナル

[スポンサーリンク]

毎回、さまざまな職業で活躍中のプロフェッショナルが登場!

「どんな仕事?」「どんな人が向いているの?」などインタビューするよ。

今回は、どんな話が聞けるかな?

 

ディズニーミュージカル 『ライオンキング』札幌公演2018年5月27日(日)まで 「劇団四季」で検索

岩崎 晋也 さん
劇団四季 俳優(札幌市出身)

10歳からクラシックバレエを始め、 『キャッツ』の観劇をきっかけに劇団四季を目指す。『アンデルセン』で四季での初舞台をふみ、『キャッツ』、『ウェス トサイド物語』、『オペラ座の怪人』など多数出演。『ライオンキング』札幌公演で初めて主人公シンバの仲間でミーアキャットのティモンを演じる。

 

劇団四季の『キャッツ』 がきっかけ

舞台俳優を目指したきっかけは何でしたか?  

小学校3年生のときに、札幌で上演していた劇団四季のミュージカル『キャッツ』を家族と観て「その舞台に立ちたい!」と思い、舞台俳優を目指しました。

 

舞台俳優とは、どのようなお仕事でしょうか?

1つの作品をたくさんの人と作り上げるのですが、俳優はその中で自分の肉体を通し、さまざまなキャラクターの人生を演じるお仕事です。

 

 

舞台俳優になるためには、どんなことをすればいいのでしょうか?

たくさん稽古をすること。ダンスや歌、お芝居を好きになることが大切です。そして何より、楽しむことですね。

 

感謝の気持ちを忘れずに過ごそう

舞台俳優には、どのような人が向ていると思いますか?

舞台俳優には何の制限も 制約もありません。だか ら、「なりたい!」と強く思っている人が向いていると思います。そう思っている人は、どんな困難にも、つらい稽古にもたえられる はずです。

 

 

舞台俳優のどんなところに、やりがいと大変さを感じますか?

俳優仲間、大道具、小道具、音響、照明、ヘアーメイク、衣裳など、さまざまな人々とたくさん稽古を積んで、本番でお客様の笑顔や喜んでくださっている姿を見ると、「やっていて良かった」と思いますね。

 

最後に、小学生に向けてメッセージをお願いします

毎日いっぱい笑って、いっぱい遊んで、学ん で、ときにはくやしい思いをして、そして感謝の気持ちを忘れず過すごしてください。きっと明るい未来が待っていますよ!

 

ディズニーミュージカル『ライオンキング』

アフリカ・サバンナを舞台に展開するライオンの 子・シンバの成長物語。

北海道四季劇場 
札幌市中央区大通東1丁目10
TEL.0120-489444(劇団四季予約センター)

[スポンサーリンク]