[スポンサーリンク]

運動や体育の授業などで困ることって、ケガをすることだよね。

今回は、元フィギュアスケート選手の高橋大輔さんの専属トレーナーだった渡部文緒さんに、ケガをしない体づくりについて聞いてみたよ!

 

Q.ケガをしないためには、何をすればいいの?

A.まずは、基礎体力を上げることが大切。そのためには運動や外遊びをして、1日3食しっかり食べ、夜はたっぷりねむること。

こういう健康的な生活をするだけで、ケガはしにくくなるんだ。

 

Q.どうして、体を使って遊ぶことって大事なの?

A.体を使って遊ぶことで筋肉がきたえられ、骨も強くなり、運動神経も発達するよ。

その他にも、体を動かすとおなかが空いて、ご飯をしっかり食べるようになったり、つかれて早くねるようになったりと、体にとって良いことだらけなんだ!

 

Q.家の中でもできる、基礎体力を上げる運動を教えて!

A.今回は逆立ちとブリッジを紹介するよ。体を支えるだけでなく、大きく動かそう。

それぞれ2つのレベルがあるから、チャレンジしてみてね!

 

逆立ち

①いすや階段に両足を乗せ、手で支える。ひじはのばそう。

②低い位置からかべに足をかけ、少しずつ上げていく。下に布団があると安全だね。

 

ブリッジ

①かべを背にして手を付けて、歩くように手を下げていく。足は広げるとやりやすいよ。

②いすの上にこしを乗せ、体をそらせる。手と足で支えて、おしりをうかす。

 


協力:社会医療法人松田整形外科記念病院内 メディカルフィットネスクラブ C-Link

[スポンサーリンク]