[スポンサーリンク]

旭山動物園の飼育スタッフ・鈴木悠太さんが動物や動物園、自然について紹介するコーナーです。

 

4・5・6月号で取り上げる動物は「カラス」

スズメ目カラス科
【生息地】日本全国

旭山動物園には、2羽います。

 

カラスの自然界の仕事

 野生動物は、自然の中でさまざまな役割を受け持っています。もちろんカラスにも、自然界の中でとっても重要な役割があります。今回はカラスの代表的な役割を2つ紹介します。

 

実を食べる

 秋になると、木や草などの植物の多くは〝実〟をつけます。基本的に〝実〟は自分で移動することができません。そこでカラスが〝実〟を食べて移動した先で、フンといっしょに種子をまいてくれます。カラスにとってはおいしい果肉を食べることができ、木にとっては子孫である種子を遠くまで運んでもらえるという、お互いにとても良い関係を築いているのです。

 

動物の死体を食べる

 雨が降った次の日、アスファルトの上でカリカリに乾燥して死んでいるミミズや、車にひかれてぺっちゃんこになって死んでいるカエルを見たことがある人は多いのではないでしょうか。これらの死体は気が付けば無くなっています。実は、このような生き物の死体は、カラスがせっせと食べてくれています。ミミズやカエル以外にも生き物は毎日たくさん死んでいて、それだけたくさんの死体が出ています。

 カラスが毎日しっかりと食べてくれているからこそ、私たちの周りが生き物の死体であふれることがないのです。死体だけではなく虫が大量発生したときなども、カラスがせっせと食べてくれて数を減らしてくれていることもあります。

身近な自然に目を向けよう

 今回紹介したように、カラスには自然界の中でたくさんの役割があり、私たちの生活を助けてくれています。カラスに限らず身近な場所で暮らしている動物や植物は、私たちにたくさんの良いことをしてくれています。ぜひ、私たちの身近な場所にある自然にも、目を向けてみましょう。

 

あさひやまニュース

新たな命に会いに来てください

チンパンジーのチロが出産しました。旭山動物園でのチンパンジーの繁殖は、3年ぶりです。これから多くの動物たちが繁殖シーズンに突入します。新たな命と出会いに、動物園に遊びに来てくださいね。

 

教えて!鈴木さん

鈴木さんが、みんなからの質問に答えるよ!

Q 動物園の動物は、死んだらどうなるの?

A 動物園で動物が死ぬと、原因を突き止めるために獣医師による解剖を行います。原因が分かれば再発を防ぐことができるからです。また、解剖した動物は園内の焼却炉ですべて焼却しますが、大学との共同研究に用いたり、骨や毛などを使って骨格や毛皮の標本を作ったりして、展示やガイドなどで活用する場合もあります。

 


旭川市 旭山動物園

旭川市東旭川町倉沼
TEL.0166-36-1104
http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/asahiyamazoo/

協力・監修/旭川市 旭山動物園

[スポンサーリンク]