[スポンサーリンク]

みんなは「イチジク浣腸」って聞いたことがあるかな?腸を刺激して動きを活発にするために、おしりから入れる薬のことなんだ。

今回は、そのイチジク浣腸がどうやって作られているのか、イチジクジラといっしょに紙上見学してみよう!

1.調合

どんな材料が使われているの?

イチジク浣腸は、グリセリンと、精製水を調合して作られているんだ。
グリセリンの働きで、腸を動かし、うんちをやわらかくしたり、すべりやすくするんだよ。

 

2.充てん

容器にはどうやってつめているの?

調合した薬は、機械が容器につめていく。
容器につめる薬の量も1本1本きちんと決められているんだよ。

 

3.チェック

製品のチェックはどうしているの?

イチジク浣腸は薬なので、工場内で働くスタッフがチェックするのはもちろん、いくつものカメラ検査を行っているよ。

 

4.袋包装

容器はそのまま箱づめされるの?

容器は1つずつ、袋に入れるよ。袋づめの前にはいつ作ったのかわかるように、容器にロット番号という番号を打つんだよ。

 

5.箱包装

容器はそのまま箱づめされるの?

容器は1つずつ、袋に入れるよ。袋づめの前にはいつ作ったのかわかるように、容器にロット番号という番号を打つんだよ。

 

6.出荷

工場を出るときはどんな感じ?

段ボールにテープをしっかりはると、ベルトコンベヤーで出荷口まで運ばれていく。これをトラックに積み込んで運ぶんだよ。

 

1.イチジク浣腸はどうしてこの形なの?

誰にでもにぎりやすくするために、この形なんだよ。

2.どうして工場内では帽子やマスクがいるの?

薬を作っている工場では、いつもきれいな環境にしておく必要があるんだ。工場に入る前は専用の衣類に着替えて、ていねいに手も洗わなければならないんだ。

[スポンサーリンク]