[スポンサーリンク]

気温や湿度が高くなる夏は、食べ物が傷みやすくなる時季です。食中毒を予防するために大切なことをいっしょに見てみましょう。

 

食中毒予防の三原則

気温や湿度が高くなる6~8月に、食中毒が増える理由を知っていますか?食中毒を引き起こす細菌の多くは、高温で湿気の多い環境で活発に増えるためです。細菌が増える原因と、食中毒を予防するための3つの原則をいっしょに見てみましょう。

①付けない
手に付いている細菌やウイルスを食べ物に付けないために、次のようなときはしっかりと手を洗いましょう。
● 調理を始める前
● 食事をする前
● トイレに行った後
● 鼻をかんだ後
● 動物にさわった後 など

②増やさない
細菌を増やさないために、生鮮食品やおそうざいはできるだけ早く冷蔵庫に入れ、低温で保存しましょう。しかし、冷蔵庫に入れても細菌はゆっくりと増えていくので、早めに食べることが大事です。

③やっつける
ほとんどの細菌は加熱によって死滅するので、肉や魚の他、野菜も加熱して食べると安全です。また、調理器具にも、細菌やウイルスが付いています。特に肉や魚などを使った後の調理器具は、洗剤でよく洗ってから、熱湯をかけて消毒しましょう。

夏に気を付けること

食中毒予防のために、夏に特に気を付けたいことを紹介します。

ペットボトル
飲みかけのペットボトルには、口の中の細菌や食べカスなどが、たくさんひそんでいます。それを放置しておくと、細菌はどんどん増え、食中毒を引き起こす危険性があります。コップに移して飲んだり、余ったときは冷蔵庫に入れたりして、早めに飲みましょう。

お弁当
作ってから時間がたったお弁当は、細菌が増えやすいため、保冷剤を入れましょう。また、あげ物や煮物など温かい物は、十分に冷ましてから入れます。お弁当を作るときと食べるときは手洗いを忘れずにしましょう。

・SARAYA「出来ていますか?せいけつ手洗い」 https://family.saraya.com/tearai/index.html
・政府広報オンライン「食中毒を防ぐ3つの原則・6つのポイント」
https://www.gov-online.go.jp/featured/201106_02/index.html
・農林水産省「食中毒の原因と種類」 http://www.maff.go.jp/j/syokuiku/kodomo_navi/featured/afp1.html

 

情報提供:札幌市保健福祉局保健所健康企画課・食の安全推進課


 

大福くんについてくわしくは >>> 大福くん まで

※大福くんは、ソニー・ミュージックエンタテインメントと、ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアが展開するキャラクターです。

[スポンサーリンク]