[スポンサーリンク]

みんなが住む札幌には、山や森がたくさんあるよね。そこには、さまざまな野生動物が生息しているよ。中でも、ヒグマはとても危険な存在。でも、よく知ることで事故を防ぐことができるんだ。

今回は、そんなヒグマのことを紹介するよ。

 

北海道にも生息する最大の体長をほこるクマ

ヒグマは、北半球のさまざまな地域に生息するクマで、北アメリカのハイイログマ(グリズリー)やアラスカのコディアックヒグマ、そして日本の北海道のみに生息しているエゾヒグマなどがいる。ホッキョクグマと並んでクマ科では最大の体長をほこる動物で、エゾヒグマも日本国内で一番大きな動物なんだよ。

 

札幌市内にも生息ヒグマってどんなクマ?

みんなが住む札幌市内では、山間部をはじめ藻岩山や円山などにもヒグマが生息しているよ。ヒグマはどんな1年を過ごしているか知っているかな? 図1を見てみよう。3~5月の春、冬眠から目ざめ、5~9月に山や森で活動。10~11月に食いだめをし、12~3月に冬眠、出産をするよ。

その他、どんな物を食べて、どんなふんをして、どんな足あとをつけるのかなど、下の表1で紹介するね。

 

表1 ヒグマってどんなクマなのかな?

とても大きなヒグマ。体長、体重、食べ物、ふん、足あとなどの特徴をまとめたよ。
ヒグマのふん
ヒグマは食べ物をうまく消化できないから、食べた物が、ほとんどそのままのにおいと形で出てくるんだよ。

オニグルミを食べたときのふん
サルナシを食べたときのふん
アリを食べたときのふん
草の食料を食べたときのふん

体 長
オス 約2.0m
メス 約1.5m

体 重
オス 150〜400kg
メス 100〜200kg
※産まれてすぐは400gぐらい。

ヒグマの食べ物
ヒグマは雑食性。体がとても大きいから、春から秋にかけて、そのときにある植物や動物を大量に食べるよ。

【春】 春は、フキやセリ科などの植物を主に食べるよ。
【夏】 セリ科などの植物の他、アリやザリガニ、魚なども食べるよ。
【秋】 冬眠に備えて、クルミやドングリなどをたくさん食べるよ。

嗅覚・聴覚
とても発達していて、遠くの物のにおいや音をキャッチできるよ。
5本指がある。長いつめを使って、食べ物を探すために穴をほったり、石を動かしたりするよ。
前 足
5本指がある。長いつめを使って、食べ物を探すために穴をほったり、石を動かしたりするよ。
ヒグマの足あと
ヒグマの足あとには5本の指がつく。前足の足あとにはつめのあとも残るんだって。
左後足
右前足

 

ヒグマとの事故をさけるために

登山や森に入っての自然観察など、ヒグマの生息地に行くときは、次のことに注意してね。

ごみは、野山に捨てずに持ち帰ってね。生ごみなどの味を覚えたヒグマは、それを目的にくり返し出没するようになってしまうんだ。

みんなも注意をしつつ、森や山での活動を楽しんでね!

●音を出しながら歩こう。
●クマ撃退スプレーや鈴、ホイッスルなどを持っていこう。
●ヒグマのふんや足あとなどを 見つけたら引き返そう。
※ヒグマは人をさけて行動するといわれているよ。音を出すことで人がいることをヒグマに知らせれば、ヒグマの方から先に去っていくことがほとんどなんだ。

 

それでも、ヒグマに出あってしまったら…

大声を出したり、走って逃げたり、石を投げたりは、絶対にしないでね。

落ち着いて行動しよう。多くの場合は、ヒグマが先に立ち去るよ。

ヒグマの移動する方向を見定めながら、静かに立ち去ろう。

背中を向けて走らないようにしよう。本能的にヒグマは追いかけてきてしまうよ。

子グマを見つけたら、近くに母グマがいるので、近づかずに立ち去ろう。

 

挑戦してみよう!ヒグマクイズ

ヒグマに関するクイズを出題するよ。分かるかな? 答えは下にあるよ。

Q1.北海道に生息しているエゾヒグマのシルエットは下のAとBのうちどっちかな?

 

Q2.ヒグマは走るのが遅く、走る速さは時速10kmほど。〇か×か?

Q3.ヒグマが二本足で立っているときは、何をするための行動か知ってる?

ヒグマクイズの答え 

Q1.A Bはツキノワグマだよ。 

Q2.× ヒグマが走る速さはとても速く、時速50kmくらい。

Q3.周りのにおいや音を感じて、状況を確認する行動。いかくしているわけではないよ。

 


監修:札幌市環境局 環境都市推進部 環境管理担当課

[スポンサーリンク]