[スポンサーリンク]

8月3日(金)、北海道大学歯学部で歯医者さんの職業体験「歯医者さんの世界」が開かれ、小学3年生~6年生の18人が参加したよ。

白衣に着替 え、むし歯についてのお話を聞き、鏡を使って自分の口の中をチェック。

専用の粉と液を混ぜ、歯型に入れて固める「入れ歯作り」、治療で歯型を取るときに使うアルジネート印象材で自分の手型を取る「模型作り」、歯医者さんが実際に使用する道具を使って、むし歯の模型にレジンという白いプラスチックをつめる「むし歯治療体験」をしたよ。

染め出し液での歯みがき練習と記念撮影の後、八若保孝歯学部長から1人ずつ修了証書をもらったんだ。

細かい作業で難しいところもあったけれど、みんな集中して取り組み、どの体験も大成功! 終了後は「すごく楽しかった」「歯医者さんになりたい」などの感想が出ていたよ。

歯学博士の川本千春先生、松本真理子先生は「イベントをきっかけに、歯医者さんのお仕事やお口の健康に興味を持ってもらえたらうれしいです」と話していたよ。

 


主催:北海道大学歯学部

[スポンサーリンク]