[スポンサーリンク]

みなさんは、災害に備えていますか?いざというときのために、どのような非常食や物を準備しておけば良いか、いっしょに見てみましょう。

 

災害に備えよう

9月1日が何の日か知っていますか?今から約100年前のこの日、関東大震災が発生しました。この日を忘れず、あらゆる災害に対する心構えを準備する日として、9月1日を「防災の日」としました。 

私たちの住む札幌市でも、これまでに台風や大雨、地震、津波など多くの自然災害が発生しています。このような災害にあったときに、安全に対処できるよう、防災の知識を身に付けましょう!

 

非常食を準備しよう

災害が発生すると、電気やガス、水道が止まり、コンビニやスーパーなどのお店も開けることができません。そのため、家から避難するときに必要な物を、リュックなどの持ち出し袋にあらかじめ準備しておきましょう。

食料は、表1を参考に最低3日分を用意します。定期的に賞味期限を確かめ、期限のせまっている物は普段の食事の中で消費し、新しい物を買い足します。これをサイクル保存といいます。

 

衛生面に注意しよう

災害時は上下水道が使えない場合が多く、衛生状態を保つのが難しくなります。また、災害で抵抗力も低下しているので、食中毒にならないように、次のことに注意しましょう。

 ①食事の準備や食事の前は手洗いをする。水が十分にないときはウエットティッシュやアルコールなどで消毒する。

 ②ポリ袋やラップを活用し、食べ物を直接さわらない。

 ③停電した冷蔵庫に入っていた物や、食べ残しは食べない。

 ④一度開封したものは早めに食べる。

参考資料 札幌市「いざという時のために」 https://www.city.sapporo.jp/kikikanri/higoro/iza/winter_sonae.html
     日本食育学会「災害時でも健康的な食生活を!」 
http://www.shokuiku-gakkai.jp/pdf/bousai_pamphlet.pdf
     北海道「そのときの備えは十分ですか?」 http://www.pref.hokkaido.lg.jp/sm/ktk/bsb/sonae/index.htm
     総務省統計局「なるほど統計学園」
http://www.stat.go.jp/naruhodo/c3d0901.html

 

情報提供:札幌市保健福祉局保健所健康企画課


 

大福くんについてくわしくは >>> 大福くん まで

※大福くんは、ソニー・ミュージックエンタテインメントと、ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアが展開するキャラクターです。

[スポンサーリンク]