[スポンサーリンク]

みんなは、3Rって聞いたことはある? だれもが暮らしの中で取り組める、ごみを減らす工夫のことなんだ。
では、実際にどんなことをすればいいのかな? いっしょに見てみよう!

 

地球のために私たちができること

地球には、空気、水、ガスなどさまざまな資源があるよね。私たち人間は、それらを使って生活をしているけれど、近年、豊かさや便利さを求めるあまり地球の環境が変わってきているんだ。私たちは生活を見直して、工夫していかなければならないよ。ごみを増やさないことも、環境を守るための大事な行動の1つなんだ。

図1は、札幌市のごみの排出量を表したもの。年々減ってきているけれど、工夫次第でもっと減らせるはず。私たちにはどんなことができるのかな?

 

その買い物本当に必要?

私たちの周りには物があふれ、お店に行けば必要な物を買うことができる。毎日の暮らしの中でこれらを何気なく購入し、 ごみとして捨てていると、確実にごみは増えていくよ。割りばし、ペットボトル、ビニール袋や紙袋など。本当に必要な物なのか、買ったりもらったりする前によく考えなければ、どんどんごみは増えていってしまうんだ。

 

分ければ資源混ぜればごみ

そこで、各市町村では、ごみの減量やリサイクルに取り組んでいるよ。「分ければ資源、混ぜればごみ」。これまでごみとして捨てていたものも、きちんと分けていけば資源にすることができるんだ。

札幌市では、3Rの取り組みを進めているよ。実際に私たちにはどんなことができるか、図2でくわしく見てみよう!

図2
今日からチャレンジ!  3Rの取り組み

3Rの例を紹介するよ。ぜひキミも実践してみてね。また、他にもできることがあるか、おうちの人やお友達と考えてみよう !

 

小型家電を無料回収しているよ!

札幌市では、家庭から出るほとんどの家電を無料回収しているよ。捨てるときは、各区役所などにある回収ボックスか、民間の回収拠点に持って行ってね。付属品(コード類、リモコン、アダプタなど)も対象だよ。回収ボックスに入る大きさは30㎝×30㎝。それよりも大きいものは、回収拠点へ持って行ってね。

注意点

●テレビ、冷蔵庫(冷凍庫)、洗濯機(衣類乾燥機)、エアコンの家電4品目や、電池、蛍光管、電球類、ディスク類、説明書、紙袋は回収していないよ。
●携帯電話やパソコンなどの個人情報は消去して出してね。
●回収拠点では回収していない品目があるので事前に確認してね。

クリーニング店などで
古着を無料回収しているよ!

集めた古着は、主に海外で衣類として再利用されるよ

回収できる物

衣類全般で洗濯済みの物(タンスにしまえる状態の物)
例:セーター、ズボン、スカート、子ども服、ブラウス、  ジャンパー、スキーウエアなど。

回収できない物

ビニール製品、靴下、下着類、寝具類、よごれのひどい物、ぬれている物、破れや穴のある物など。

古着の出し方… 中身の見える透明の袋に入れて出してね。

キミもチャレンジ! 3Rクイズ

Q1. レジ袋の素材は何?

A. 紙  B. 布  C. 石油

Q2. 海岸に打ち寄せられるごみの数が一番多い物は?

A.プラスチック  B.ゴム  C.発泡スチロール

Q3. 正しいごみの捨て方はどれ?

A.ペットボトルと紙をいっしょに捨てる
B.ペットボトルや紙はきちんと分けて捨てる
C.道に捨てる

Q4. 生ごみは何に変身するかな? 

A.かん  B.水  C.肥料など

Q5. 小型家電にふくまれる高価な金属は何?

A.プラスチック  B.金、銀、銅やレアメタルなど  C.鉄

【答え】 Q1.C Q2.A Q3.B Q4.C Q5.B

 

監修: 札幌市環境局循環型社会推進課・ごみ減量推進担当課

[スポンサーリンク]