[スポンサーリンク]

9月24日(月・休)、札幌市美香保体育館で『子どもスポーツフェスタ2018』が開催されました。今年で3回目となるこのイベントは、「走る」「跳ぶ」「投げる」「リズム」という運動の基本要素をテーマに、トップアスリートらが陸上と野球のボール投げ、ダブルダッチとダンスの4種目を子どもたちに指導してくれました。

近年、全国体力テストで道内の小中学生の運動能力が低い現状をふまえて、このイベントは開かれました。小学1年生から6年生までの135名が参加し、中でも最も多かったのは1年生。4グループに分かれて、各競技40分ずつ体験することができました。

主催者のさっぽろ健康スポーツ財団の担当者は、「このイベントが、楽しく体を動かし、スポーツをするきっかけとなってほしい」と話していました。参加した全員が、元気いっぱいに楽しく運動することができました。

 


主催/さっぽろ健康スポーツ財団

[スポンサーリンク]