[スポンサーリンク]

みんなは「デザイン」って知っているかな? 「デザイン」とは、使いやすい機能や美しく見える効果を考えて、作品や商品の形や模様、配置、配色などを工夫すること。ファッションデザイナーがよく知られているけれど、他にもデザインの仕事っていっぱいあるんだ。今回はデザインに関する仕事を調べてみたよ。

 

こんなにあるデザインの種類

デザインにはたくさんの種類があるよ。今回はその一部を紹介するね。

例えば「ビジュアルデザイン」は、目で見てすぐにイメージできる、目にとまるなど、視覚的に伝えるデザインのこと。大きく分けて「グラフィック」「イラスト・キャラクター」「ゲームグラフィック」「写真」があるよ。

「インテリアデザイン」は、ビルやお店、住宅などの建物から、飛行機や自動車などの乗り物まで、さまざまな空間を設計するよ。空間にあわせて、家具や雑貨を開発することもある。「ファッションデザイン」は、身に着ける人がワクワクしたり安心したりできるような服や装飾品を考えるよ。

 

デザインの仕事、どうやって選ぶ?

デザインの仕事をしている人は、どうしてその仕事を選んだのだろう?多い理由はやっぱり「好きなことだったから」。大変なことがあっても、好きなことだから続けられるという声も聞くよ。

「流行を生み出したい」「世界に広めたい」と考えた人もいるよ。「新しいゲームを多くの人に楽しんでもらいたい」「自分のブランドを作りたい」など、自分のアイデアを発信するためにデザインの仕事を選んだ人もいるんだ。

デザインの仕事に就くには、どうすればいいのかな? 「独学」といって、自分一人で勉強して夢を実現する人もいるよ。でも、自分だけで勉強するのはとても大変なこと。そこで、専門学校や大学など、その分野を専門に学べる学校で勉強する人が多いよ。

 

ビジュアルデザイン

ぱっと見て印象に残るように、視覚的な表現で伝えるビジュアルデザイン。みんなの暮らしの中にもたくさんあるよ。今回は4つの分野を紹介するね。

グラフィック

文字や絵、写真などを配置して、情報やメッセージを伝えるよ。広告やパッケージなど、人々の生活にも大きく関わる。お客さんの好みを理解して、分かりやすく表現する力が必要。

どんな仕事がある?
グラフィックデザイナー/Webデザイナー/アートディレクター/広告デザイナー/パッケージデザイナー/CGデザイナーなど。

 

イラスト・キャラクター

広告や本などにのせる絵やキャラクターをかくよ。以前はペンや絵の具を使った「手がき」が主流だったけれど、今はパソコンやスマートフォンを使うことも多い。

 どんな仕事がある?
イラストレーター/キャラクターデザイナー/絵本作家など。

 

ゲームグラフィック

ゲームに登場するキャラクターやアイテム、背景などを考えるよ。流行をおさえ、新しいことに挑戦する気持ちが大事だよ。

どんな仕事がある?
ゲームデザイナー/ゲームキャラクターデザイナー/ゲーム背景担当など。

 

写真

本や広告に使われる写真、証明写真、報道写真などを撮影したり、撮影された写真の調整や修正をしたりするよ。

どんな仕事がある?
フォトグラファー/レタッチャー/映像デザイナーなど。

 

プロにインタビュー

イラストレーター 髙島 幸直さん

プロフィール
ポスターやカード、お皿、Tシャツ、アートフィギュアなどさまざまなイラストを手がける。専門学校の講師もしている。小学5年生の女の子のお父さんでもあるよ。

 

子どものころから絵をかくのが好きでした。最初はマンガ家を目指していましたが、高校生のときにイラストの仕事を知り、専門学校で勉強しました。上手だと思う友達の作品を「どこが自分とちがうんだろう」と観察していましたね。

仕事でやりがいを感じるのは、見た人が喜んでくれたとき、イラストがあることでポスターや文章が伝わりやすくなったと感じるときです。この仕事に向いているのは、人の話を聞ける素直な人。でも、好きなことにこだわるがんこな部分も必要です。ただ、がんこな部分は1つではなくいくつも持っていましょう。会う人や場面で「がんこ」を使い分けることで、はば広い仕事ができます。

小学生のうちは、いろいろな場所へ行き、いろいろなものを見て、たくさん体験してください。それが将来の仕事につながり、活躍の場も広がります。


 

ファッションデザイン

魅力的な衣装を考えたり、新しいスタイルを提案したりするよ。作る物は、お店で売るための洋服、スポーツのユニホーム、モデルがショーで着るドレスなどさまざま。生地の知識や裁ほうの技術、他の人が思いつかないアイデアを出す独創性が求められるよ。

どんな仕事がある?
ファッションデザイナー/パタンナー/帽子デザイナー/アクセサリーデザイナー/コスチュームデザイナー/ファッションアドバイザー/スタイリストなど。

 

インテリアデザイン

建物や乗り物の室内、家具、設備、照明などを設計するよ。イメージや目的に合う家具や装飾品の組み合わせを考えて、提案することも。色や素材などのはば広い知識が欠かせない。その空間でどんな人が過ごすのか、想像する力も必要だね。

どんな仕事がある?
インテリアデザイナー/家具デザイナー/雑貨デザイナー/照明デザイナー/インテリアコーディネーター/家具職人など。

 

小学生のデザイン事情

デザインは大人だけのものじゃない!小学生のみんなにも聞いてみたよ。

【こんなデザインをしたことあるよ】

・折り紙で模様を作った。
・いろいろな糸を混ぜてミサンガを作った。
・図工で迷路を作った。みんなちがって楽しかった。
・木の実や葉っぱで絵をかいた。
・アサガオのつるにかざりをつけてリースを作った。

【こんなデザインをしてみたい】
・アイス模様のランドセル
・日本ハムファイターズのユニフォーム
・自分用のテニスラケット
・車両にマンガがかかれた電車
・オリジナルえんぴつ

 


取材協力:札幌デザイナー学院

[スポンサーリンク]