[スポンサーリンク]

みんなは「海外留学」って知っているかな?みんなが住んでいるこの日本をはなれて、外国で勉強することだよ。海外留学をする日本人は昔より増えていて、特に学生が増えているんだって。今回は、海外留学のことを調べてみたよ。

 

留学には2つの種類がある

海外留学には、「短期留学」と「長期留学」があるよ。「短期留学」は、1週間から3カ月間くらいまでの留学のことをいうよ。夏休みなどを利用して外国へ行き、現地の言葉を学ぶ目的の人が多い。親子でいっしょに勉強する「親子留学」もあるよ。

「長期留学」はもっと長い期間、外国で勉強するよ。1年間勉強して帰国する人もいれば、4年間くらいじっくりと学ぶ人も。海外の大学に入学する人もいるよ。留学して勉強する人のことを「留学生」というんだ。

未来を切りひらく力が身に付く

海外留学のいいところって何だろう。日本語ではない言葉に囲まれて暮らすので、英語など現地の言葉を聞いたり話したりできるようになるね。

それ以外にもいいところがあるよ。日本とはちがう考えや価値観を知ることができる。他の国の人と仲良くなることができる。最初は言葉や気持ちが通じ合えなかったとしても、あきらめずに努力することで「何度も挑戦してみる力」や「自分から行動する力」が身に付く。

下のグラフを見てみよう。留学でどんな力が身に付いたか、留学生に聞いてみた結果だよ。「挑戦する力」や「コミュニケーション力」「積極性」が上位に挙がっているね。

これらの力は、みんなの将来にも役立つ力。大人になったら、困難にぶつかってもくじけずに立ち向かえる人、ちがう立場の人の気持ちも考えながら行動できる人になっているはずだよ。海外留学で身に付く力は、「未来を切りひらく力」ともいえるね。

 

のぞいてみよう!先輩たちの留学生活

留学生は海外でどんな生活を送っているのかな?みんなが住む北海道から、高校生や大学生のときに
留学した先輩たちに聞いてみたよ。

 

発信と吸収の2週間!
行った国と期間…オーストラリアに2週間

くるみ さん

Q 留学で付いた力は?

A 英語での発言力。最初はうまく説明できないことも多くありました。でも、とにかく発言してみることで通じた喜びを感じられるようになり、分からない言葉は他に自分が知っている言葉で表してみたりすることで、毎日少しずつ成長できました。

 

テニス留学をしたよ!
行った国と期間……アメリカに3週間

Yuri さん

Q どんな留学生活だった?

A テニスの技術、英語力、コミュニケーション能力の向上が留学の目標でした。テニスでは苦手だったことができるようになってレベルアップし、英語も授業が理解できるようになり、寮のルームメイトとテニスや音楽の話などたくさん会話できました。

 

イギリスで農業のことを学んだ
行った国と期間…イギリスに10カ月

ヤマダイスキー さん

Q 休日の過ごし方は?

A ランニングやサイクリング、留学生同士でサッカーや卓球をしました。英語のドラマや映画を見たり、英語で小説を読んだりもしました。イギリス人・インド人と同居していて、週末には留学生仲間とパーティーを開くこともありました。

 

アメリカで医療ボランティア
行った国と期間……アメリカに2週間

Q 印象に残ったことは?

A  「世界に通用する整形外科医になる」という将来の夢に近付くために留学しました。障がいを持つ子どもたちのリハビリ施設でのボランティアを通して、医療の最先端にふれ、日本とはちがうアメリカならではの考え方を知ることができました。

 

トビタテ! 留学JAPAN とは?

ここに登場してくれた先輩たちは、「トビタテ!留学JAPAN」という制度で留学したよ。この制度は、世界で活やくできる人を育てるため、国や企業など社会全体で海外留学を応援する制度のこと。高校生と大学生向けのプログラムがあるよ。
興味がある人はおうちの人といっしょにホームページを見てね。

トビタテ! 留学JAPAN で検索!

 


取材協力:文部科学省 官民協働海外留学創出プロジェクト 独立行政法人日本学生支援機構 グローバル人材育成部

[スポンサーリンク]