[スポンサーリンク]

さあ、去年の9月号から始まったこのコーナーも今回で4回目。

SDGs博士と助手のインフィニティちゃんといっしょに、世界が目指す目標「SDGs」についてみんなで学んでいこう!!

 

今回のテーマは「陸の豊かさも守ろう」

SDGs博士
インフィニティちゃん、冬休みは楽しく過ごしたかな?
インフィニティ
うん! 家族みんなでおせち料理を食べたり、かるたをして遊んだりして、とーっても楽しかったよ!
SDGs博士
それは良かったね。では、冬休みも終わったし、勉強もがんばらないと!
インフィニティ
は、はーい…。
SDGs博士
今回勉強するSDGsのゴールは15番目、「陸の豊かさも守ろう」だよ。
インフィニティ
「陸の豊かさ」って、どういう意味?
SDGs博士
この「豊か」というのは、森や林、さらには街の中でも、動物や植物などたくさんの生き物が生きていける環境が守られていることで、そのような状態を「生物多様性」が保たれている、ともいうんだ。

 

1年に4万種も絶滅している?

SDGs博士
インフィニティちゃん、今、地球にいる生き物の種類ってどのくらいだと思う?
インフィニティ
えー、とてもたくさんいると思うけど、6,000種類くらい?
SDGs博士
そうだね。ほ乳類の種類はそのくらいだね。微生物など小さな生き物もふくめると、3,000万種くらいといわれているよ。でも、その生き物も、地球温暖化の影響や人間の開発によって、今は1年間に4万種という速さで絶滅しているといわれているんだ。
インフィニティ
え! そんなに絶滅しているの! このままだとそのうち生き物がいなくなっちゃうかも…。
 
そうだッコー! だから生物多様性を守るために、みんなが取り組まなくてはいけないんだッコー!
SDGs博士
え。あなたは、だれ…?

インフィニティ
え。あなたは、だれ…?

 

世界の貧困の中で暮らす人々の半分が子ども?

カッコー先生
私は札幌市の生物多様性PRキャラクター「カッコー先生」だッコー。
カッコー先生
札幌市では、生物多様性を守るために1人1人ができることを解説した実践ハンドブックや、みんなで楽しく生物多様性について学べるよう、札幌市内の小学生といっしょに考えた「生き物かるた」を作るなど、さまざまな取り組みを行っているッコー!
カッコー先生
地球温暖化を防ぐために省エネをしたり、資源を守るために3Rなどごみを減らしたりする取り組みも、実は生物多様性の保全につながっているんだッコー。
インフィニティ
へー、「生き物かるた」は楽しそうね! 帰ったら家族でやってみよーっと!
カッコー先生
楽しむだけじゃなく、生物多様性について学んで、できることから取り組むのが大事だッコー!
インフィニティ
はーい、カッコー先生。分かりましたー!!
SDGs博士
インフィニティちゃんがまじめに取り組んでくれるのはいいけど、今回は、ぼくの出番が少ないな…。

 

 

SDGs博士
今回はSDGsのゴール15「陸の豊かさも守ろう」をテーマにご紹介しました!「生き物かるた」は札幌市のホームページからもダウンロードできるよ! 次のテーマもお楽しみに!

 


札幌市 生き物かるた

[スポンサーリンク]