[スポンサーリンク]

今月のテーマ:水泳と成長

今回、お話をうかがったのは、イトマンスイミングスクール・コーチの前田悠登さんです。小学生をメインに教える前田さんのお仕事について、お話を聞いてみました。

 

水泳というスポーツを通して
楽しみながら、心身をきたえ
成長していってほしい。

イトマンスイミングスクール
コーチ
前田 悠登 さん

札幌市出身。旭川教育大卒。2歳半から高校3年までイトマンスイミングスクールで水泳を習う。2018年4月、イトマンスイミングスクールに入社。現在はコーチとして、ジュニアクラス、選手クラス、マスターズクラスを担当。

 

子どもたちとの関わり方

幼いころから水泳を続けている前田さん。現在はイトマンスイミングスクールでコーチとして活躍しています。年長から小学生までのジュニア、選手、大人と、たくさんのクラスを担当しているそうです。

「主に小学生を教えていますが、子どもたちと話すときは目線を下げたり、まちがった言葉を使わないようにしたりなど、気を付けています。会話の中に名前を入れるようにしたり、雑学を話したりすることも大切ですね」と前田さんは話します。

 

全国大会出場を目指して

今後の目標をお聞きしました。「全国大会に出場する子が、1人でも増えるようにしたいです。 ああいう風に泳げるようになりたい! と思ってもらえるよう、子どもたちの前でかっこいい泳ぎをときどき見せるようにしています。水泳を通して、成長してほしいですね」と前田さん。

最後にエコ活動についてお聞きしました。「イトマン全体で節電に取り組んでいます。プールの照明は水銀灯なのですが、クラスの間が空くときは必ず消灯しています。個人的には、家の暖房の温度設定を低くし、フリースを着るようにするなど工夫をしています。これからもエコな活動を続けていきたいです。」

 


イトマンスイミングスクール

[スポンサーリンク]