[スポンサーリンク]

ここ最近、日本全国で異常気象が起きているよね。みんなが住む北海道の気候も変化してきているといわれているよ。将来は、どんな気候になるのかな? 私たちはどんな行動をしたら良いのかな?ここでいっしょに見てみよう!

 

道内の平均気温100年で約1.6℃上昇

北海道内の天気を観測している札幌管区気象台によると、図1にあるように、道内7地点(旭川、網走、札幌、帯広、根室、寿都、函館)の年平均気温は、2018年までの100年の間に、およそ1.6℃の割合で上昇しているよ。冬日や真冬日の日数も減っているんだって。

こういった気候の変化は、地球温暖化が原因の1つといわれているよ。気温が上昇することで、積雪量が減ったり、流氷が観測される期間が短くなったりもしているんだ。桜の開花日も早まっているんだって。図2にあるように、21世紀末の平均気温は、20世紀末を基準として、約5℃上がると予測されているよ。

※冬日:日最低気温が0℃未満の日
 真冬日:日最高気温が0℃未満の日

 

大雨や洪水などの水害が増加

気候の変化により、北海道でも大雨や短い時間に強く降る雨が増えているよ。川が増水して氾らんしたり、地下に雨水が流れこんだり、いろいろなニュースをみんなも見たことがあるよね。

突然の大雨で、身近な所が危険な場所になることがあるよ。「自分はだいじょうぶ」と思わないで、危険に備えるようにしよう。

近所の川が大雨で急に増水することも
大雨のとき、アンダーパスはとても危険

 

気候の変化による影響に適応していこう

気温の上昇、大雨の増加、雪の減少などにより、私たちの食べる物や健康などにも影響が出てきているよ。今までなかった病気を運ぶ虫が増える、農作物の品質が下がり収穫が減る、大雨で土砂災害が起こるなど、今後も気候変動による影響は増えるといわれているよ。

そういった変化に備え、社会の仕組みや1人1人の生活のあり方を変える「適応」という考え方が大切なんだ。左の表に、「適応」の例をいくつか紹介するね。みんなにもできる適応策はあるよ。自分はどんなことができるか、考えてみよう。

天気の急変から身も守ろう!

急に大雨が降って来たり、雷が鳴ったりすることがあるよね。それは発達した積乱雲によるものなんだ。川が増水したり、建物の中に雨水が流れこんだり、竜巻が起きたり、さまざまな危険がせまって来ることがあるよ。そういうときは、すぐに危険な場所からはなれて、安全な場所に避難しよう。

天気予報や防災アプリなどを、おうちの人や周りにいる大人といっしょに確認し、正しい情報を知ることも大切。みんなも自然災害に、備えるようにしようね。

 

気候変動の影響に備え、さまざまな生活のあり方を変える「適応策」

例1 食を守るための「適応」

高温に強い品種に変える。作付け時期を調整する。

 

リンゴの日焼け(品質低下)を防ぐために、日よけを設置する。

 

例2 気象災害から暮らしを守るための「適応」

天気予報や防災アプリなどの確認。洪水被害予想地図(ハザードマップ)などの確認。

 

雨水貯留槽などの整備。地下鉄・地下街の入口に防水シャッター。

 

例3 健康を守るための「適応」

こまめに水分補給し、エアコンを適切に使って熱中症予防。

 

虫よけスプレーなどで虫さされに注意。

 

蚊の育つ水たまりなどを作らない。

 

水害・土砂災害の防災情報の伝え方が変わります!
警戒レベル4で全員避難!!

テレビやインターネットなど、防災情報はいろいろあるけれど、「いつ避難すればいいの?」と思うことってあるよね。2019年6月から、水害・土砂災害について、市町村が出す避難情報と、国や都道府県が出す防災気象情報が、5段階に整理されたよ。【警戒レベル5】ではすでに災害が発生している状態。【警戒レベル3】【警戒レベル4】で、地域の人々と声をかけあって、安全・確実に避難しよう。

くわしくは >>> 内閣府 防災情報のページ をチェックしよう

 

北海道では「1日防災学校」を実施しています

北海道では、小学校などでの「1日防災学校」を行っています。みなさんの学校でも開催されたことがあるかもしれませんね。

【授業メニュー例】

全学年共通

  • 避難訓練(ダンボールベッド体験などふくむ)
  • 市役所や消防署の方からのお話(地域の危険な場所や避難の仕方など)

低学年

  • 防災かるたで学ぼう
  • 新聞紙で防災グッズを作ってみよう

中・高学年

  • 町のハザードマップを確認しよう
  • 災害食を調理して食べてみよう

小学校の先生方へ

小学校の先生方へ 北海道と北海道教育委員会がサポートします。くわしくは、こちらまでお問い合わせください。

北海道 総務部 危機対策局 危機対策課 防災グループ
TEL.011-204-5900(直通)

FAX.011-231-4314

 


北海道 環境生活部環境局気候変動対策課総務部危機対策局危機対策課

[スポンサーリンク]