聞かせてプロフェッショナル

[スポンサーリンク]

毎回、さまざまな職業で活躍中のプロフェッショナルが登場!「どんな仕事?」「どんな人が向いているの?」などインタビューするよ。今回は、どんな話が聞けるかな?

早坂 美千代 さん
南空知森林組合 参事 

栗山町生まれ栗山育ち。南空知森林組合で植樹、伐採などにかかわる事務全般と業務全体を統括している。林業グループ「くりやま女森-の会」会長。木育マイスター。

 

生活に欠かせない大切な仕事

―今の仕事を目指したきっかけを教えてください。

36才のときに、森林組合職員の募集があったので応募したのがきっかけです。何も知らずに飛びこんでしまいましたが、実際に働いてみると、林業・森林づくりは人間の生活には欠かすことのできない空気や水を育み、木材やコピー用紙、ティッシュペーパーなどの原料を生み出す、大切な仕事だとわかりました。

―具体的には、どんな仕事をしているのですか?

木を植える・育てる・間伐をする・木を伐る等の仕事の計画をしたり準備をしたり、実際に作業をしたり、現場での調査や現場監督もします。

大きな木を伐採

―林業の仕事の魅力は何ですか?また、どんなことが大変ですか?

四季折々の森林を体感できるところが魅力です。また、森林での作業は爽快感があります。大変なところは、体力勝負であること、スズメバチやマダニ、そしてヒグマに気を付けなければならないことなどですね。また、苦労してやっと植林した苗木をシカや野ねずみに食べられたり、雨不足で枯れたりするとがっかりしますが、1年ごとに成長していく苗木を見ると、子どもたちが育っているような気持ちになります。

冬期の伐採作業

たくさんの人々に林業を知ってほしい

―林業・木材産業の仕事には、どんな人が向いていると思いますか?

どんな仕事でも同じだと思いますが、すぐにできるようにはならないので、少しくらいの失敗はおそれないで根気よく続けられる人かなと思います。

―今後の目標や夢を教えてください。

たくさんの人々に森林の大切さや機能、それを持続させていく林業について知ってもらうことが目標です。女性にも林業を理解してもらいたいという思いから、11年前に女性林業グループを立ち上げ、会長としても活動をしています。

女性林業グループのメンバーと

―小学生に向けて、メッセージをお願いします。

樹木の種類や葉の形はたくさんあります。草花もいろいろな種類があり、きれいな花をさかせる草もあります。身近な木の葉や草花を図鑑で調べるとおもしろいですよ。木の名前や葉の形、その木が何に活用されているのかなど、ぜひ調べてみてくださいね!

[スポンサーリンク]