[スポンサーリンク]

札幌に雪の便りがやって来るのもあと少し。北海道の雪は、世界中からスキーヤーが集まる最高の雪質で、シャンパンパウダーといわれているよ。今回はスキーが上達するためのポイントを紹介!

 

【道具編】

自分に合った道具をそろえよう!!

楽しくスキーをすべるためには、自分の体や技術に合ったスキーセットやウエア、小物をそろえるのが大切。スキーシーズンが始まる前に、今の自分に合っているかチェックしながら道具をそろえよう。

 

おうちの人といっしょに確認してね!

ヘルメット・帽子

ヘルメットやニット帽をかぶろう。できればヘルメットがおすすめ。ケガ防止にもなるし、耳もかくれて暖かいよ。

ブーツやヘルメットは、プラスチック部分が割れていないか確認しよう!

ゴーグル

晴れ、くもり、雪とすべての天候に対応できるオレンジ色のレンズで、くもり止め加工されている物がおすすめ。ヘルメットをかぶるときは、ヘルメット用のゴーグルを着けよう。

 Point  ゴーグルがくもらないようにするには?

●レンズがかわいた状態で、はだとのすき間がないように、外に出る前に室内で着ける。
●外にいる間は、ずっと着けたままにする。着けたり外したりすると、余分な水分が入ってくもりやすくなるよ。

ネックウォーマー

体を温めるには、首元を温めるのがとても大事だよ。

グローブ

少しゆったりサイズだと、指先が冷えにくい。大きすぎはNG。親指・人差し指・中指~小指に分かれている3本指の物がより暖かいよ。

 Point  ウエアの中に雪が入らないようにするには?

●グローブの上にウエアをかぶせよう。

スキーウエア

動きやすいように、上下分かれたタイプを選ぼう。

インナーウエア

保温機能のある下着に、スウェット類を重ね着しよう。

靴下

少し厚手のひざ下までの長い物。短かったり、重ねばきをしてよれたりすると、ブーツに当たって痛いときがあるよ。ブーツのサイズ調整や防寒対策には、暖かいインナーをしこう。

ストック

逆さまにしてリングの下を持ち、手がひじよりも少し上がる物。長過ぎには注意!こしが引けて姿勢が悪くなるし、無理にストックをつこうとするから危ないよ。

※最近は、成長に合わせてのび縮みできるストックもあるよ。

ブーツ

サイズは足より0.5~1cm大きめを選ぼう。インナーブーツを外して試着すると分かりやすいよ。ブーツをはいて歩いたときに、かかとがうかないか、足のはばに合っているかもチェック!

 Point  ブーツのはき方

●かかとがうかないように、しっかりと足を入れる。
●バックルをきつすぎない程度にしっかりとめる。フロントバックルブーツは、下から順にとめる。
●ウエアやジャージなどは、ブーツの外側にかぶせる。中に入っていると、足が痛くなったり、雪が中に入って来たりするよ。

 Point  歩き方

氷やゆかの上など、かたくてすべりやすい所を歩くときは、かかとから歩くと、すべって転びやすいよ!

スキー板

簡単にターンができるように開発されたカービングスキーがおすすめ。

初心者・初級 操作がしやすい短めの板→身長からマイナス10~15cm

中級・上級  中~急斜面でも安定しやすい長めの板→身長からマイナス0~10cm

 


画像提供:ATOMIC

[スポンサーリンク]