[スポンサーリンク]

冬に雪が降り積もる地域での運転に欠かせないスタッドレスタイヤ。その性能によって、安全性が異なることを知っているかな?今回、十勝・清水町に住む牟田さん親子が、スタッドレスタイヤを装着した車を試乗したよ。どんな体験をしたのか、ここで紹介するね!

 

雪が積もった道路は危険がいっぱい!

雪道と一言で言っても、〝雪が降り積もった道路〟、〝表面の雪がガチガチにこおったアイスバーン〟、〝雪や氷がとけたびちゃびちゃの道路〟など、いろいろな状態があるよね。雪や氷、水におおわれた路面には危険がたくさん。特に

車を運転するときは、気を付けなければいけないし、スタッドレスタイヤの性能がとても重要になってくるんだよ。

Q.スタッドレスタイヤは、なぜすべりにくいの?

A.こおった路面でタイヤがすべる原因は、氷がとけてできる水が、氷の上に水の“まく”を作るから。スタッドレスタイヤは、水の“まく”を取りのぞいて、路面にタイヤを密着させるから、すべりにくくなるんだよ。また、タイヤがやわらかいと路面との接地面が大きく、しっかり止まるんだ。

 

スタッドレスタイヤで安全性がちがう!

清水町に住んでいる牟田純子さんと衣吹さん(小学2年生)が、清水町アイスアリーナで行われたスタッドレスタイヤの試乗会に参加してくれたよ。

まず、スタッドレスタイヤの性能について説明を聞いた後、スケートリンクの中でスタッドレスタイヤを装着した試乗車3台に試乗し、その性能のちがいを体験したんだ。お母さんも実際に運転して、衣吹さんは後部に座り、それぞれのちがいを体感したよ。

ゆっくりカーブを曲がったり、急発進や急停止したり、コーナーで小回りするなどの運転をしてみると、急ブレーキをかけてから停止するまでの距離や、カーブでの安定感などのちがいを感じられたんだ。

 

試乗体験レポート

試乗会に参加してくれた牟田さん親子

試乗車に乗って、氷上の走りを体験!

3台の試乗車を運転して、それぞれのスタッドレスタイヤの性能のちがいを体感

牟田さん親子の感想

純子さん 北海道の冬道は5年目ですが、毎年こわいなと思いながら運転しています。タイヤで運転にちがいが出ることが分かり、タイヤ選びは重要なことだと思いました。1万km走ったタイヤでもすべらず、安心感をもって運転できました。

衣吹さん スケートリンクの上を走る車に乗ったのは初めてで、参加できてよかったし、楽しかったです。お父さんにもタイヤは大切だと教えてあげたいです。

 

冬道をより安全に走るためにスタッドレスタイヤを「ちゃんと選ぼう」

「スタッドレスタイヤの真の価値」とは凍った路面や雪道でしっかり車を止めることとその性能を長く持続することです。ご家族、そしてご自身も守るため、スタッドレスタイヤは、高い氷雪上性能で選びましょう。

ブリヂストンタイヤジャパン株式会社北海道カンパニー  𡈽田 一隆 さん

[スポンサーリンク]