[スポンサーリンク]

腸内細菌とは、腸の中にいる細菌のことで、体に良い働きをするのが善玉菌、悪い働きをするのが悪玉菌、良い悪いのどちらでもなく、強いほうの味方につくのが日和見菌だよ。これらの菌の数は600兆〜1,000兆個にもなり、私たちの知らない間に腸の中で毎日戦っているよ。悪玉菌との戦いに勝って善玉菌が多くなり、外からO-157やサルモネラ菌といった病原菌が入ってきても、食中毒などの病気にならないこともあるんだ。善玉菌の勝利に大切なのは、生活習慣と食生活だよ。毎日の生活を整え、善玉菌連勝の元気な腸にしよう!

菌の名前 菌の働き 代表的な菌

善玉菌

善玉菌は便秘や下痢を防いだり、風邪を引きにくくしたりする、体に良い菌のこと。オリゴ糖や食物繊維をエサにしている。 乳酸菌、ビフィズス菌

悪玉菌

悪玉菌が増えると、うんちやおならがくさくなる。体に良くない物質を発生させ、つかれやすくなったり、風邪を引きやすくなったりする。 黄色ブドウ球菌、ウェルシュ菌

日和見菌

善玉菌と悪玉菌の力が強いほうの味方となる。この菌がどちらに付くかで、腸の中の環境が決まる。健康なときはおとなしいが、体が弱ってくると、腸内で悪い働きをする。 バクテロイデス、病原性のない大腸菌

参考:厚生労働省「生活習慣病予防のための健康情報サイト『腸内細菌と健康』」

 


イチジク製薬株式会社
〒130-0005
東京都墨田区東駒形4-16-6
03-3829-8214(お客様相談室/平日9:00~17:00)

[スポンサーリンク]