円山動物園には5頭(オス2頭・メス3頭)います。

[スポンサーリンク]

 

円山動物園の飼育員さんが、動物や動物園、自然について紹介するコーナーです

今月は…『ダイアナモンキー』

霊長目/オナガザル科

【生息地】アフリカ西部から南西部の原生林

 

額に三日月のある世界一美しいサル

つややかな黒い毛と、首元の真っ白な毛が目を引くダイアナモンキー。額の白い毛が三日月形に見えることから、「ダイアナ(ローマ神話の月の女神)」と名付けられ、世界一美しいサルといわれています。背中やおしりの毛は赤茶色で、ももからひざにかけては白い毛が一筋の線のようにあります。

横顔も美しい!

アフリカ西部から南西部にある高い木が密集した原生林に暮らし、ほとんど地上には降りません。

巣は作らず、ねるのも木の上です。食べる物は果実を中心に、木の葉や枝、花、昆虫など。ハムスターのように「ほおぶくろ」に食べ物をつめこみ、天敵のヒョウや猛禽類のいない安全な所へ移動して食べます。

一方では、一番の天敵は人間ともいわれています。開発や内戦、森林伐採により生息地が破壊され、また狩りなどにより数が減っているのです。

世界最高齢のおじいちゃん

長いしっぽでバランスを取ります

1頭のオスと複数のメスと、その子どもからなる約5~30頭の群れで過ごし、他の種類のサルと群れを作ることもあります。複数の鳴き声を使い分け、おたがいの存在や、天敵が近くにいることを伝え合います。円山動物園でもメスが高い声で鳴くと、オスが低い声で応えるラウドコールで、コミュニケーションを取ります。

円山動物園には、なんと飼育下では世界最高齢37才のオスがいます。アメリカ出身の「ワシントン」です。パートナーは福岡出身の「はかた」、23才。2頭の間にはこれまでに9頭もの命が誕生しました。他にも3頭いて、それぞれが個性的で仲間との接し方もちがうので、見比べてみるとおもしろいですよ。「ほおぶくろ」にえさをためる様子や、鳴き方なども観察してみてください。

世界最高齢37才のワシントン

まるやまニュース     

円山動物園の公式ツイッターで動物園の解説動画を公開!

休園期間中の動物の様子を伝えたり、動物園の裏側や動物の特徴などを解説したりする動画を公開しているよ。動物たちが食べるえさを保管している飼料庫を、のぞくこともできるんだ。おうちの人といっしょに、ぜひ見てみてね!

マルヤマン@円山動物園(公式)
https://twitter.com/marudou_fan

教えて! 飼育員さん

飼育員さんが、みんなからの質問に答えるよ!

Q. 動物たちのえさはどこで買うの?

A.  人の食べ物と同様に、札幌の青果店、肉屋、魚屋などから買っています。円山動物園で飼育する動物は絶滅が心配される種も多く、札幌市民の大切な財産でもあるため、新鮮で健康に良いえさをあたえるようにしています。札幌市内で買うことが難しい物は、市外や道外からも購入しています。
例えば、レッサーパンダが食べるササは北海道では手に入りにくいため、1年を通して京都から取り寄せています。

 


協力・監修/札幌市 円山動物園
札幌市中央区宮ヶ丘3番地1 TEL. 011-621-1426
http://www.city.sapporo.jp/zoo/

友だち追加
トップページへ戻る

[スポンサーリンク]