円山動物園だより|今月の動物:シェトランドポニー

0
407

[スポンサーリンク]

 

円山動物園の飼育員さんが、動物や動物園、自然について紹介するコーナーです

『シェトランドポニー』

ウマ目/ウマ科

【原産地】イギリスの北方にあるシェトランド諸島

 

体は小さくても力持ち!

シェトランドポニーは、イギリス北方のシェトランド諸島が原産のポニーです。ポニーとは、かたまでの高さが147cm以下の小型のウマのことです。シェトランドポニーは、性格は大人しく、体は小さいけれど足腰がしっかりとしていて、とても力持ち。かつては、泥炭の運搬や農耕用の家畜として役立っていました。小さい体が、せまいどうくつや泥の上などで作業をするのにぴったりでした。

ブラッシングをしてもらって気持ち良さそう

寒い地域に暮らしており、外側の長く厚い冬毛で雨や風から身を守り、内側の短いふわふわの毛で体温を保ちます。春から夏にかけて、短い夏毛に生え変わります。生え変わりの時期は体がかゆいようで、ブラッシングをすると気持ち良さそうに目をとろんとさせたり、尾をふって喜んだりします。たてがみと尾はのび続けるため、3カ月に1度くらいカットをしています。

春から夏にかけて長い冬毛がたくさんぬけます

2頭で仲良く毛づくろい

2頭が向かい合って、毛づくろいをする姿も見られます。おたがいの首元を口でさすり、場所を入れかわって、反対側の同じ所をさすります。きっと気持ちの良いポイントなのでしょう。耳の動きにも注目してみてください。耳を体側にたおしているときは、おこったり、警戒したりしているときです。また、声や音がする方に、ピンと立てた耳を素早くかたむけます。えさは乾草で、上下に生えている立派な歯でかみちぎって食べます。ただ、一度にたくさん食べることはできず、少しずつ食べています。

ウマには表情がないといわれていますが、毎日見ていると顔を見ればその日の体調が分かります。また、ふんの状態や毛のつや、行動などがいつもとちがうところはないか、観察しながら体調管理をしています。それぞれの行動や関係性をじっくり観察してみてくださいね。

おたがいの首をさすってコミュニケーション

まるやまニュース     

「おうちで発見!動物ワークシート」をHPで公開!

動物の生態や特徴を学べる「おうちで発見!動物ワークシート」を、円山動物園公式HPに掲載しているよ。HP内にある動物園だよりや動物紹介を見ながら、ぬりえをぬったり、学習ドリルを解いた
りして、おうちで楽しんでね!

>>> くわしくはこちらから! 

 

教えて! 飼育員さん

飼育員さんが、みんなからの質問に答えるよ!

Q. ゾウの鼻の中はどうなっているの?

A.  ゾウの鼻は筋肉のかたまりで、骨や軟骨はありません。2つの鼻の穴は、鼻の付け根近くまで続き、根元で1つになっています。木をたおしたり、枝を折ったりと、鼻を手のように使い、鼻先では指のように器用に物をつかめます。鼻で水を吸い上げて中にため、鼻先を口に入れて水を飲みます。直接吸いこんではいません。一度に7~8ℓの水をためられ、鼻先をピタッと閉じてこぼさずに動き回れます。

 


協力・監修/札幌市 円山動物園
札幌市中央区宮ヶ丘3番地1 TEL. 011-621-1426
http://www.city.sapporo.jp/zoo/

友だち追加
トップページへ戻る

[スポンサーリンク]