[スポンサーリンク]

 

9月は防災月間。今回は、もしものときのために7日分の非常食を備える方法を紹介するよ。おうちの人といっしょに見てみよう!

かしこく非常食を備えよう

地震や洪水などの大きな災害が起きたら、私たちの生活はどうなるだろう。水道や電気、ガスが止まったり、いつものようにお店で食品を買えなくなったりするかもしれないね。国からの支援物資もすぐにはとどかないかもしれない。だから、もしものときのために、「非常食」を用意しておくことが大切なんだ。

かんづめやレトルト食品などの非常食は、賞味期限が長い物が多いけれど、たなのおくにしまったままで、いつの間にか期限切れになっていることもあるよ。そこで、普段から多めに食品を買い、いつもの食事に取り入れ、食べた分を買い足す「ローリングストック」という備蓄方法がおすすめ。食品を上手に使い回して、むだにならないようにしたいね。

これまで、非常食は「3日分を備えよう」といわれてきたけれど、今までに起きた大きな災害の経験を生かして「7日分を備えよう」へと変わってきているよ。表1を参考に、まずは3日分の非常食を用意。次に、7日分にもチャレンジしてみよう。

 

参考資料:農林水産省「災害時に備えたストックガイド」
https://www.maff.go.jp/j/zyukyu/foodstock/guidebook.html

 


大福くんについてくわしくはWEBをみてね! >>>  大福くん

※大福くんは、ソニー・ミュージックエンタテインメントと、ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアが展開するキャラクターです。

友だち追加
トップページへ戻る

[スポンサーリンク]