[スポンサーリンク]

 

さまざまな分野のアスリートが登場するコラム。今回は、大栄クーガーズ出身で白樺学園2年生の佐々木大成さんに、大栄クーガーズ時代の思い出や、甲子園交流試合に出場したときの気持ち、小学生へのメッセージなど、いろいろなお話をうかがいました。

ー野球を始めたきっかけは、何だったのですか?

野球が好きな父親の影響で野球を始めたいと思い、小学3年生のときに地元の野球少年団「大栄クーガーズ」に入団しました。試合に勝てずくやしい思いをしたこともありましたが、監督・コーチのもとで真剣に練習をしたことで、心も身体もきたえられたと思います。また、チームの仲間といっしょにキャンプへ行って、楽しく過ごしたことが思い出に残っています。

ー白樺学園に進学するまでのことを教えてください。

小学校卒業後は、札幌東シニアに入団しました。足の速さには自信があったので1番バッターを任されることが多くあり、塁に出ること、盗塁をしてチャンスを広げることが自分の役割でした。中学2年生のときには全道優勝、3年生には全国優勝をすることができました。甲子園に行きたかったので、甲子園に何度も出場している高校に行くことが一番の近道だと考え、白樺学園に進学することに決めました。白樺学園は十勝地方にあり、札幌からはなれているので、今は寮で生活しています。

ー甲子園に出場したときは、どんな気持ちでしたか?

昨年の秋の全道大会で優勝し、甲子園出場が決まりました。守備練習に力を入れ、試合形式に近いバッティングや走塁の練習などに加え、それぞれが自主練習をしてきた結果だと思います。甲子園出場が決まったときは、正直、うれしいというよりも、実感が無いという感じでした。本番が近づくにつれ、少しずつ喜びがこみ上げてきました。甲子園のグラウンドに立ったときは、予想以上に緊張してしまい、自分を出すことができずくやしい思いをしました。しかし、貴重な経験ができたと思っています。

ーこれからの目標は何ですか?

まずは、秋にある地方予選を突破して、全道大会出場を目指します。そして、全道大会でも結果を残して、もう1度甲子園に出場したいです。白樺学園の甲子園での成績は、最高で1勝です。自分たちの代で甲子園2勝以上することが、大きな目標です。来年は甲子園が通常開催されることを願っています。

ー小学生へのメッセージをお願いします。

目標に向かう中で、勝負に負けてしまうこと、失敗してしまうこともあります。正直、大栄クーガーズでは、試合に負けてくやしい思いもしてきました。しかし、負けてしまった試合でも常に全力でプレーをしてきました。そのことに意義があると思っています。みなさんも、何事にも全力でいどんでいってください。

 

佐々木 大成さん プロフィール

2003年7月16日生まれ。札幌市東区出身。現在、白樺学園の2年生。小学生時代は、大栄クーガーズに所属していた。小学校卒業後、札幌東シニアに入団し、中学2年生のときに全道優勝、中学3年生のときには全国優勝を経験。その後、野球の強豪校・白樺学園へ進学。今年の夏には甲子園交流試合出場を果たし、2年生ながら試合にも出場した。あこがれの選手は、小柄ながらホームランを量産することで知られるメジャーリーガーのホセ・アルトゥーベ選手。座右の銘は「全力プレー」。

 

友だち追加
トップページへ戻る

[スポンサーリンク]