[スポンサーリンク]

 

札幌市立元町小学校の4年生は総合的な学習の時間に「社会で働く人々の姿と自分の将来」をテーマに学習しています。実際に社会で活躍している方を招いて話を聞くことで、自分たちの将来のことを考えるきっかけにしています。

9月11日(金)、エコチルを発行している株式会社アドバコムの臼井純信代表取締役がゲストティーチャーとして招待され、体育館で授業を行いました。

自己紹介、エコチルについての話から始まり、フィリピンの子どもたちに文房具を届けた「ENPITSU PROJECT」の様子を動画で見せ、エコチルを世界に広げていきたいというこれからの目標についても語りました

続いて、なぜエコチルを始めたのか、仕事をしていて良かったこと、辛かったことなど、経験してきたことについて話を展開。最後に、夢を実現するために必要なことは「成功するまであきらめないこと。夢を実現している人たちも、失敗をくり返して、さまざまなことを学び、成功しているのです。失敗は成功のもとです」と、語りました。

子どもたちからは「失敗をおそれないで、行動していきたい」などという感想もありました。

 


お問い合わせ:エコチル編集部 Tel.011-200-5671

友だち追加
トップページへ戻る

[スポンサーリンク]