[スポンサーリンク]

 

みんなは、北海道でとれた野菜や魚を食べているかな?地元でとれた旬の物を食べると、良いことがいっぱいだよ。いっしょにくわしく見てみよう。

旬の食べ物はなぜ良いの?

北海道は、四季がはっきりしている地域といわれているよ。だけど、近年、地球温暖化による気候の変化で、夏に猛暑日が多くなり、冬にあまり雪が降らないなど、季節が少しずつ変わってきている。そして、最近はハウスさいばいや養殖も積極的に取り入れられているため、季節感がなくなり、旬の食べ物を見つけにくくなっているよ。

旬とは、「自然の中で育った野菜や果物、魚がたくさんとれる季節」のこと。旬の食べ物は、味がとても良く、栄養がたっぷりで、その季節に必要な栄養を届けてくれるよ。旬の食べ物を食べて、元気な体をつくり、自然のめぐみや四季の変化を感じよう。

地産地消とフードマイレージ

地産地消とは、「自分の住んでいる地域で作った生産物や、伝統食を食べる」こと。地域の生産物を食べると、フードマイレージが低くなり、環境にも優しい。フードマイレージとは、「食べ物(フード)を運ぶきょり(マイレージ)」という意味で、「重さ(t)×きょり(km)」で表すよ。食べ物の産地から、食卓までのきょりが近ければ、フードマイレージは低くなり、遠ければ高くなる。フードマイレージが高くなるほど、食べ物を運ぶための車に使う燃料や、車から二酸化炭素の出る量が多くなるので、フードマイレージが高い国は、自然環境に大きな影響をあたえていることになるよ。

平成28年度の札幌市健康・栄養調査で、札幌産や北海道産の食材を「できるだけ利用する」と答えた人は65・6%だったよ。最近は、スーパーなどで、生産者の名前や写真付きの食材を並べたり、近郊野菜のコーナーがあったりと、地産地消への取り組みが広がっているよ。地元で作られたおいしい食材を、毎日の食卓に利用してみよう。

地産地消のメリット

◆ 新鮮でおいしい食べ物が食べられる。
◆ 食糧自給率が上がる。
◆ 地域が元気になる。
◆ 地域の人が作った物なので、信頼と安心がある。
◆ 農業・漁業・畜産業への理解者が増える。
◆ 遠くまで運ぶ人手、燃料がかからずエコ。(フードマイレージを低くできる。)

 

参考資料:札幌市「札幌市健康・栄養調査」http://www.city.sapporo.jp/hokenjo/syokuiku/shiminkenkoueiyouchousa.html

 


大福くんについてくわしくはWEBをみてね! >>>  大福くん

※大福くんは、ソニー・ミュージックエンタテインメントと、ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアが展開するキャラクターです。

 

友だち追加
トップページへ戻る

[スポンサーリンク]