[スポンサーリンク]

 

さまざまな分野のアスリートが登場するコラム。今回は、札幌市生まれの中学生でスキージャンプ選手の坂野旭飛さんにインタビューしました。スキージャンプを始めたきっかけや飛んでいるときの感覚など、いろいろなお話をうかがいました。

ースキージャンプを始めたきっかけは、何でしたか?

お父さんがスキージャンプ選手だったことが、一番のきっかけです。小さいころ、お父さんが出場している大会をお母さんといっしょに観に行っていました。お父さんがかっこよくて、あこがれがあり小学2年生のときに始めました。

ースキージャンプの魅力は何ですか?

他の競技とはちがって、スキーの板をはいて飛ぶというこわい競技です。スキージャンプはとても難しいスポーツで、やった人にしか分からない空中を飛んでいる感覚が魅力です。

ー飛んでいるときの感覚はどのようなものですか?

飛んでいるときは何も考えていません。見ている人にとってはあっという間なのだと思いますが、自分自身は時間が経つのがとても長く感じます。

ー飛んでいる間にこわいという感覚はありませんか?

スキージャンプというスポーツは、最初の1本目を飛んだら2本目から慣れるといわれています。私も最初の1本目はこわいですが、2本目からは「もっと上手く遠くに飛びたい」という気持ちになり、こわいという感覚はなくなります。

ー試合前に必ず行うルーティンや好調の秘訣を教えてください。

ルーティンはほぼ無いですが、真っすぐ前を見ることは日常から意識しています。普段歩くときなども、真っすぐ前を見て歩くようにしています。

好調の秘訣は、自分で目標を考えることです。1つの目標を目指して、この目標にどうしたら近づけるのかを考えます。上手い選手などを見て研究し、自分とどこがちがうのかを比較して、見つけた課題を1つずつクリアしていこうとしていることが、好調の秘訣なのだと思います。

ーこれからの目標を教えてください。

まずは夏の大会を全部優勝して、冬の全国中学生の大会で、表彰台か1位をねらっていきたいです。中学1年生のときにジュニアオリンピックで優勝しているので、今年も優勝できたらいいなと思っています。

ー小学生へのメッセージをお願いします

まずは1つの目標を立てて、何かに進んで取り組むことが大事だと思います。1つのことに夢中になることが何かを生み出すと思います。目標を見つけてそれに一生懸命向かって取り組んでいくと、親もいっしょに手伝ってくれます。そして家族としても個人としても強くなっていくと思うので、何か目標を見つけて、それに向かってがんばってください。

坂野 旭飛選手  プロフィール

スキージャンプ選手。北海道札幌市生まれ。現在15歳(2005年8月生まれ)中学3年生。札幌ジャンプスポーツ少年団所。属全国中学校大会で1、2年とも3位。2019年ジュニアオリンピックでは1年生で中学生の部で優勝。中学2年生にして全日本強化指定メンバーに選ばれる。2020年大倉山で行われた雪印メグミルク杯で124mを飛びジュニアの部優勝。

 

友だち追加
トップページへ戻る

[スポンサーリンク]