[スポンサーリンク]

 

感染症から体を守るためにできることは何だろう? 元気な体で冬を過ごすために必要なことを、いっしょに見てみよう。

栄養補給で免疫力アップ

寒さは体力や免疫力を弱めてしまうため、冬はかぜやインフルエンザなどの感染症にかかりやすくなるよ。ウイルスに対する免疫力を高めるためには、バランスのとれた食事で栄養をしっかりとることが大切。表1で、免疫力を高める栄養素を紹介するよ。ウイルスに負けない体をつくるために、食事を見直してみよう。

筋肉をつけて体を守ろう

人間の体は、かぜなどの感染症で体にストレスがかかると筋肉を分解し、免疫細胞を元気にさせて増やす働きがあるよ。だから、普段から筋肉をつけておくことがとても大切なんだ。

筋肉は、体を動かさないとあっという間に落ちてしまう。筋肉を保つためには、毎日のバランスのとれた食事や、適度な運動が必要。特別なトレーニングじゃなくて、毎日元気に歩いたり走ったりするのがいいね。体育の時間をふくめて、毎日1時間以上は体を動かそう。

[表1] 免疫力を高めるのに役立つ栄養素

栄養素 働き 多くふくむ食品
 たんぱく質 筋肉や血など体をつくるもととなり、体力をつける

魚介類、卵、肉類、大豆製品、乳製品など

ビタミンA
(βカロテンをふくむ
のどや鼻のねんまくを守る。油といっしょに料理をすると、しっかり吸収できる ニンジン・カボチャなどの緑黄色野菜、ウナギ、チーズなど
ビタミンC 体内のさびを取って、体内の働きをスムーズにする。ストレスがかかると減ってしまうので毎日しっかり取ると良い キウイ、カキ、イチゴ、ミカン、ブロッコリー、ホウレン草、ピーマン、パプリカ、ジャガイモ、サツマイモなど
ビタミンE 体内のさびを取って、体内の働きをスムーズにする。ウイルスと戦う免疫細胞の働きを良くする 植物油、ナッツ類、アボカド、カボチャ、パプリカなど
ビタミンD 免疫細胞を強くする。キノコ類は油といっしょに料理をするとしっかり吸収できる サケ、サンマ、サバなどのあぶらの多い魚、キノコ類(ビタミンDは、食事をして太陽の光をあびると、体の中でも作られる)
亜鉛 たんぱく質の働きを良くして、体の代謝を助ける。ウイルスと戦う免疫細胞の働きを良くする カキ貝、牛肉、レバー、ナッツ類、卵、高野豆腐など
食物せんい 腸をきれいにする。腸がきれいになると体全体が元気になる 野菜、キノコ類、海藻類、こんにゃくなど

かぜをひいてしまったら・・・

エネルギーをしっかり補給

発熱で体温が上がるとたくさんのエネルギーが消費されるので、エネルギー補給の中心となるご飯、パン、めん類などをしっかり食べる。食欲がないときは、おかゆや雑炊、うどんなどのめんをにこむなど、水分を多めに使って調理すると食べやすくなる。

ビタミンA・C・Eを取る

かぜの予防だけでなく、かかってしまったときにも取ると良い。ウイルスと戦っている体を早く回復させる。

温かい食事で、体を休める

ネギ、玉ネギ、ニラ、ニンニク、ショウガ、唐辛子などの体を温める食べ物やなべ、にこみ料理、スープなどの温かい料理を食べてしっかり体を温めると、
体の回復が早まる。

消化の良いメニューを選ぶ

かぜをひくと消化の働きも低下するので、胃や腸に負担をかける、あげ物やせんいの多い野菜はひかえる。

水分をしっかり補給

発熱・下痢が起こると、より多くの水分が失われるので、こまめに水分補給をする。ミネラルの補給も大切なので、 野菜や果物100%のジュース、スポーツ飲料(イオン飲料)も適度に利用する。

 

・札幌市「平成30年度作成卓上メモ一覧」
http://www.city.sapporo.jp/hokenjo/syokuiku/takuzyoumemo30.html
・(公社)日本栄養士会 中村会長のメッセージ「新型コロナウイルスの状況下、今、栄養指導に必要な一般生活者へのアドバイス」
https://www.dietitian.or.jp/important/2020/4.html
・日本体育協会「子どもの身体活動の意義」
https://www.japan-sports.or.jp/Portals/0/data0/publish/pdf/guidebook_02.pdf

 


大福くんについてくわしくはWEBをみてね! >>>  大福くん

※大福くんは、ソニー・ミュージックエンタテインメントと、ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアが展開するキャラクターです。

 

[エコチル LINEお友だち追加はこちら][エコチル LINEお友だち追加はこちら]
トップページへ戻る

[スポンサーリンク]