[スポンサーリンク]

 

全国で元気に環境活動をしている「こどもエコクラブ」から、長崎県島原市のクラブ「キャンパーズ」の活動を報告します。  

「タケノコをほりに知り合いの人の山に入ったとき、畑に腐葉土が積み重なっているのを発見しました。こういう所にはいろいろな幼虫がいるはず! と、許可をもらってほってみました。しかし、ほり続けてもなかなか幼虫は見つかりません。いよいよ最後の腐葉土の山。独特の“カブトムシのにおい”がして、見事カブトムシの幼虫を発見! あきらめかけていただけに、とてもうれしかったです。  

昨年は、同じ畑の木にカブトムシ、ノコギリクワガタ、コクワガタなども見つけることができました。畑の持ち主によると、以前はたくさんの幼虫がいたそうです。自然栽培の畑で、周りは山に囲まれており、環境は良さそうですが、もしかしたらこういう場所でも虫が減っているのかもしれません。数ひき分けていただいたので、成虫になるのを楽しみに飼育してみようと思います。」  

みなさんも、自然やそこにすむ生命にふれる体験をしてみませんか。

 

こどもエコクラブは子どもならだれでも参加できる環境活動のクラブです。
あなたもこどもエコクラブでSDGsアクションに参加してみませんか? 年間いつでも無料で登録できます。


主催:公益財団法人日本環境協会
後援:環境省

こどもエコクラブ

[エコチル LINEお友だち追加はこちら][エコチル LINEお友だち追加はこちら]
トップページへ戻る

[スポンサーリンク]