[エコなひと]パティシエは、夢をあたえる仕事。 お祝い事の演出の一部となり、食でたく さんの人に幸せを感じてもらいたい。|お菓子のドルチェヴィータ 安孫子 政之さん

今回お話をうかがったのは、お菓子のドルチェヴィータのオーナーシェフ・安孫子政之さんです。おいしいケーキや焼き菓子を作りながら取り組んでいるエコ活動についてお聞きしました。

[エコなひと]さまざまな人との話し合いを通じて、SDGsのSとD=持続可能な発展を 楽しく考え、つくっていきたい。|一般社団法人サステナビリティ・ダイアログ代表理事 牧原ゆりえさん

今回は、一般社団法人サステナビリティ・ダイアログ代表理事の牧原ゆりえさんに、スウェーデン滞在中に学んだこと、ご自身のエコ活動などについてお話を伺いました。

[エコなひと]梅、塩、シソだけのシンプルな製法で、 最高においしい梅干しを作り、 梅が持つ本来の味を伝えていきたい。|梅ボーイズ 山本 将志郎さん

今回は、札幌を拠点に活動する梅ボーイズのリーダー山本将志郎さんにお話をうかがいました。昔ながらのすっぱい梅干しを作り、日本の梅文化を広める活動をしています。

【エコなひと】毎日の生活の中で、本当に必要な物は何か、 少し立ち止まって考えてみると、 身の回りの物で十分に過ごせることに気づく。|北海道歴史文化財団 松井 則彰さん

 今回お話をうかがったのは、一般財団法人北海道歴史文化財団の松井則彰さんです。北海道開拓の村で学べること、昔の人々の暮らしと私たちの生活などについてお聞きしました。

【エコなひと】毎日、私たちが口にしている物の原料が 一体どこからやって来ているのか。調べ、知ることから始めてほしい。|一般社団法人Agricola 水野 智大さん

今回、お話をうかがったのは、当別町で有機野菜やオーガニックの卵を生産している一般社団法人Agricolaの水野智大さんです。仕事のこと、食へのこだわりなどをお聞きしました。

【エコなひと】木の専門家にも認められる表現力と 子ども達を引き付けるかわいいイラストで たくさんの人に木の魅力を伝えたい。|北海道森林管理 平田 美紗子さん

今回は、北海道森林管理局で広報のお仕事をしている平田美紗子さんにお話をうかがいました。得意なイラストを武器に、森や林業について、子ども達に楽しく伝える活動をしています。

【エコなひと】スポーツ少年団の活動を通じて、健全な心と体を育みながら、スポーツをすることの喜びを感じる。|池田 大夢 さん

今回、お話をうかがったのは、札幌市スポーツ少年団でシニアリーダーを務める、高校3年生の池田大夢さんです。スポーツ少年団の活動やご自身のエコ活動などについてお聞きしました。

【エコなひと】「夢中になれるもの」を見付け、 ずっと夢中でやり続けたら、 必ず自分のためになるときが来る。|緑の妖精マジシャン やまちゃん

今回、お話をうかがったのは、緑の妖精マジシャンやまちゃんです。今年8月に開催予定の環境広場さっぽろへの出演や、自身のエコ活動などについてお聞きしました。

【エコなひと】やわらかい大福くんを見て、誰もが幸せな気持ちになり、全ての物に優しい気持ちで接してもらえるようになってほしい|株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント 石上 晴佳さん

今回、お話をうかがったのは、株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの石上晴佳さんです。エコチルの食育特集に登場するキャラクター”大福くん”について話してくれました。

【エコなひと】水泳というスポーツを通して 楽しみながら、心身をきたえ 成長していってほしい。|イトマンスイミングスクール 前田 悠登 さん

今回、お話をうかがったのは、イトマンスイミングスクール・コーチの前田悠登さんです。小学生をメインに教える前田さんのお仕事について、お話を聞いてみました。

【エコなひと】SDGsという世界を変えるための 目標を軸に、これからも環境問題に 取り組んでいきたい。| 札幌市 環境局 環境計画課 佐竹 輝洋 さん

今回、お話をうかがったのは、札幌市 環境局の佐竹輝洋さんです。SDGs(Sustainable Development Goals)を中心に、佐竹さんの活動についてお聞きしました。

【エコなひと】順序立てて物ごとを考える―。 プログラミング的思考を身に付けながら、 自ら発信する能力も育んでほしい。|株式会社フレックスジャパン 渡邊 俊之 さん

今回、お話をうかがったのは、パルティス・ロボットアカデミーの渡邊俊之さんです。小学生向けのプログラミング教室のことや身に付けられる能力について、お聞きしました。

【エコなひと】エコ、生命、医学、エネルギー、食料。 宇宙への挑戦は、あらゆる分野での 技術革新に影響を及ぼす―|子どもの理科離れをなくす会 北原 達正 さん

今回は、「子どもの理科離れをなくす会」や、立命館慶祥中学校で自然科学部顧問などを務める北原達正さんに、理数系、プログラミング教育の重要性についてお聞きしました。

【エコなひと】全国各地へ講師が出向き、ミュージカルという創作活動から、子どもたちが持っているさまざまな才能を引き出していく|劇団BDP/児童劇団「大きな夢」代表 青砥 洋さん

今回、お話をうかがったのは児童劇団「大きな夢」の青砥洋さんです。 劇団の活動を通じて多くのことを得てほしいと、全国24カ所で「大きな夢」を運営。子どもたちの成長を応援しています。