【エコなひと】環境広場で学んだことが子どもたちの 心を動かし、札幌の街の将来を考える きっかけになってほしい。|札幌市環境局 環境計画課 推進係 山本 有香さん

今回は、札幌市環境局の山本有香さんに、環境に優しい行動のことや6月23日(土)・24日(日)に札幌ドームで開催する「環境広場さっぽろ」について、お話をお聞きしました。

【エコなひと】新しい和菓子のキャラクター“ 大福くん”を通して、日本伝統文化の和菓子の良さを知り、同時にグローバルな視点も持って欲しい|㈱ソニー・ミュージックエンタテインメント 伊藤 弘康 さん

今回、お話をうかがったのはソニー・ミュージックエンタテインメントの伊藤弘康さんです。世界を視野に入れて、子どもたちに活躍して欲しいと、新しいキャラクターを誕生させました。

【エコなひと】社会の中で「どう生きるか」を共に考えながら活動することで、子どもたちの成長をうながしたい。|日本ボーイスカウト 北海道連盟札幌地区委員会 委員長 畠山 英昭 さん

今回は、日本ボーイスカウト北海道連盟札幌地区委員会で委員長を務める畠山英昭さんに、ボーイスカウトの活動やエコな取り組みについて、お話をお聞きしました。

【エコなひと】毎日のごはんで、体はできている。ごはんを大事にすることは、自分を大事にすること。|食育教室「good food,good life」和田 順子 さん

北海道初のサルベージプロデューサーでもある和田順子さん。体にも環境にも優しい、楽しく続けられる“サルベージ・パーティ®”やエコ活動についてお話をうかがいました。

【エコなひと】自然文化や環境破壊など、世界で何が 起きているのかを自分の目で見て、 考え、行動できる人間を育てていきたい。|学校法人立命館 立命館慶祥中学・高等学校 校長 久野 信之 先生

今回は、立命館慶祥中学校・高等学校で校長を務める久野信之先生にお話を聞きました。諸外国で行う課題解決型の海外研修など、グローバルな取り組みについて、うかがいました。

【エコなひと】保育士は子育て世帯を支える大切な仕事。保育士不足が社会問題となる現代、子育て経験のあるママが保育士に。|こども學舎 河村 泰孝さん

保育士は子育て世帯を支える大切な仕事。保育士不足が社会問題となる現代、子育て経験のあるママが保育士に。

【エコなひと】日本では体験できない海外でのスキーや生活を通じて、大きく成長してほしい。|株式会社フェロートラベル 小瀬 信広 さん

今月のテーマ:「海外でのスキー体験」 今回、お話しをうかがったのは、株式会社フェロートラベルの小瀬信広さんです。フェロートラベルの環境に関する取り組みやウィスラーキッズキャンプについて、お聞きしました。

【エコなひと】自分の力でどこまでも行ける サイクリングで、新鮮な空気を感じながら、 豊かな自然を楽しもう。|Neil Hartmann さん

今月のテーマ:「サイクリングで自然と親しもう」今回、お話をうかがったのは、定山渓でレンタサイクルショップを経営する、ニール・ハートマンさんです。サイクリングの魅力などについて、お聞きしました。

【エコなひと】コウモリほど楽しくておもしろい動物はいない。身近にいるコウモリを通して、自然について知ってほしい。|写真家 中島 宏章さん

今回、お話をうかがったのは、写真家の中島宏章さんです。中島さんの活動や、コウモリの魅力、コウモリを通して知る自然環境のことなどについて、お聞きしました。

【エコなひと】五感を使ってたくさん遊び、 自ら感じ、考え、伝えることを いっぱい経験してほしい。|ふじの学習教室 講師 藤野 成道さん

 今回、お話をうかがったのは、ふじの学習教室の藤野成道さんです。ご自身が経営するふじの学習塾の特徴や、豊富な旅行の体験について、お聞きしました。

【エコなひと】エコなレゴブロックのロボットで、 プログラミングの楽しさを知ってほしい|株式会社フレックスジャパン 渡邊 俊之さん

作って、バラして、また作る。エコなレゴブロックのロボットで、プログラミングの楽しさを知ってほしい。

【エコなひと】勉強だけではなく、いろいろなことに 挑戦することが大切|水泳選手 宮崎 哲さん

 今回、お話をうかがったのは、水泳選手の宮崎 哲さんです。宮崎さんは、知的障害者のさまざまな水泳大会へ出場しています。日々のトレーニングなどについて、聞いてみました。

【エコなひと】物づくりにかける、たくさんの人の “想い” を知ってもらい|イチジク製薬株式会社 梁川 秀子さん

 今回、お話をうかがったのは、イチジク製薬株式会社の梁川秀子さんです。浣腸をつくるうえでの取り組みや、小学生向けに行っている社会見学などについて、聞いてみました。