【エコなひと】社会の中で「どう生きるか」を共に考えながら活動することで、子どもたちの成長をうながしたい。|日本ボーイスカウト 北海道連盟札幌地区委員会 委員長 畠山 英昭 さん

今回は、日本ボーイスカウト北海道連盟札幌地区委員会で委員長を務める畠山英昭さんに、ボーイスカウトの活動やエコな取り組みについて、お話をお聞きしました。

【エコチル特集】知っているかな?身の回りの化学物質

みんなが毎日の生活で使っている製品には、さまざまな化学物質が使われていることを知っているかな? 化学物質はとても便利なものだけれど、使い方をまちがえると、人や環境などに悪い影響を与えてしまうんだ。ここで、身近な化学物質について、いっしょに学ぼう!

エコカーでエコドライブを!

天然ガス自動車やハイブリッド車、燃料電池自動車など、いろいろな次世代自動車やエコカーが開発されていることは、みんなも知っているよね。ここでは、地球にとってもやさしいエコカーやエコドライブについて紹介するよ。お友達やおうちの人といっしょに読んでね!

【エコなひと】毎日のごはんで、体はできている。ごはんを大事にすることは、自分を大事にすること。|食育教室「good food,good life」和田 順子 さん

北海道初のサルベージプロデューサーでもある和田順子さん。体にも環境にも優しい、楽しく続けられる“サルベージ・パーティ®”やエコ活動についてお話をうかがいました。

【レッツトライエコライフ】【中央区】札幌市立二条小学校のエコ活動

中央区】札幌市立二条小学校のエコ活動をご紹介します。 市電でのアクセスが良い、札幌の街なかに位置する二条小学校は、昨年4月に、まちづくりセンター、児童館、小学校の複合校舎としてスタートしました。このようなスタイルは、札幌市で初めての取り組みだそうです。二条小学校の周辺は、子どもからお年寄りまで、さまざまな人々が暮らす街として、札幌市の景観まちづくりの取り組みのモデル地区になっています。

【エコチル特集】すごいぞ!!札幌の除雪技術

雪がたくさん降ったとき、大きな除雪車が雪をよける様子を見たことはあるかな? 雪国に暮らす札幌市民と除雪は、とっても関係が深いよね。今回は、札幌市でどのように除雪を行っているのか、いっしょにくわしく見てみよう!
環境白書

札幌市環境白書って知ってる?

札幌の環境をみんなといっしょに守っていくため、札幌の環境の状況や環境を守る取り組みなどについてまとめ、札幌市が作ったのが『札幌市環境白書』なんだ。どんなことが書かれていて、私たちにできることは何なのか、ここで紹介するね!

【レッツトライエコライフ】【厚別区】札幌市立信濃小学校のエコ活動

今月号では、【厚別区】札幌市立信濃小学校のエコ活動をご紹介します。すぐ近くに信濃神社があり、とても静かな環境の中に信濃小学校はあります。校内には、「どんぐりくん」という愛称のモニュメントがあり、みんなに親しまれています。

【エコなひと】自然文化や環境破壊など、世界で何が 起きているのかを自分の目で見て、 考え、行動できる人間を育てていきたい。|学校法人立命館 立命館慶祥中学・高等学校 校長 久野 信之 先生

今回は、立命館慶祥中学校・高等学校で校長を務める久野信之先生にお話を聞きました。諸外国で行う課題解決型の海外研修など、グローバルな取り組みについて、うかがいました。
アイキャッチ

さぁ、はじめよう!みんなで「雪活」!!

キミは「雪活」という言葉を聞いたことはあるかな? それは、みんなで協力して、より暮らしやすい冬を目指すための活動のこと。なぜ「雪活」が必要なのかな? どんなことをしたらいいのかな? ここで紹介するよ!

【エコチル特集】寒い季節も地球にやさしくみんなで省エネしよう!

雪が積もって、とても寒くなる札幌の冬。暖房によるエネルギー消費が増える季節だよね。でも、ちょっとの工夫で、省エネはできるんだよ。ここでは、冬に取り組みたい、地球にやさしい省エネポイントを紹介するね!

【レッツトライエコライフ】みんなの学校の校長先生を紹介します!【北区】札幌市立新琴似小学校 校長 武部 昌司 先生

本校は、今年12月に開校130周年を迎えました。JRや地下鉄の駅がある、にぎやかな校区ですが、神社や公園などの自然も隣接する地域です。

【レッツトライエコライフ】北区新琴似小学校のエコ活動

札幌市北区にある新琴似小学校は、今年12月に開校130周年を迎えました。 今から130年前は、明治時代。札幌市内の小学校でもかなり古い、歴史ある小学校です。

【エコなひと】保育士は子育て世帯を支える大切な仕事。保育士不足が社会問題となる現代、子育て経験のあるママが保育士に。|こども學舎 河村 泰孝さん

保育士は子育て世帯を支える大切な仕事。保育士不足が社会問題となる現代、子育て経験のあるママが保育士に。