動物園だより

動物園だより

旭山動物園だより|知ってる?動物園の役割 「教育活動」について

旭山動物園の飼育スタッフ・鈴木悠太さんが動物や動物園、自然について紹介するコーナーです。今年度は「動物園の役割」について解説します。『レクリエーション』『種の保存』『調査・研究』『教育活動』を4回シリーズでお届けします。
video

円山動物園だより|今月の動物:シセンレッサーパンダ

円山動物園の飼育員さんが、動物や動物園、自然について紹介するコーナーです

おびひろ動物園 だより|今月の動物:ゴマフアザラシ

野生のゴマフアザラシは北海道近海に生息し、海岸沿いや港の防波堤でも見ることができる、なじみのあるアザラシです。北海道の多くの動物園や水族館で飼育しています。体中にあるゴマをふりかけたような斑点模様が、名前の由来となっています。
video

円山動物園だより|今月の動物:エゾヤチネズミ、エゾアカネズミ

エゾヤチネズミとエゾアカネズミは、北海道に多くすんでいる野ネズミです。円山動物園内の自然豊かな森にも暮らしています。エゾヤチネズミのヤチは湿地を意味する「谷地」からきています。
video

円山動物園だより|今月の動物:ハミルトンガメ

ハミルトンガメは、熱帯地域の水草の多いきれいな池や沼、川などの水の中で暮らしています。黒と白の水玉模様が特徴的です。円山動物園には3頭います。

旭山動物園だより|知ってる?動物園の役割 「種の保存」について

旭山動物園の飼育スタッフ・鈴木悠太さんが動物や動物園、自然について紹介するコーナーです。今年度は「動物園の役割」について解説します。『レクリエーション』『種の保存』『調査・研究』『教育活動』を4回シリーズでお届けします。
今月のどうぶつ:ヒグマvideo

円山動物園だより|今月の動物:ヒグマ

北海道に暮らすエゾヒグマは、日本で一番大きい陸上の野生生物です。オスは鼻先からおしりまでの体長が約2m、体重150~400kg。メスは体長約1・5m、体重100~200kg。学習能力が高く、好奇心旺盛です。走る速さは時速40~50 kmと車並み。実際に野生の姿を見たことがある人は少ないかもしれませんが、私たちのすぐ近くにすんでいます。
おびひろ動物園のインドゾウ

おびひろ動物園 だより|今月の動物:インドゾウ

おびひろ動物園には1頭のゾウが暮らしています。名前は「ナナ」といい58才になります。ナナは昭和39(1964)年に遠い国のインドからやって来ました。
video

円山動物園だより|今月の動物:カンムリシロムク

真っ白な羽と目元のあざやかなブルーが美しいカンムリシロムク。目元の青色ははだの色で、羽の下のはだは、はだ色です。

釧路市動物園 だより|今月の動物:レッサーパンダ

レッサーパンダは中国南部やインド、ネパール、ミャンマーなどの標高が高い山地や森林にすむ、小型のほ乳類です。パンダといえば、上野のジャイアントパンダが有名ですね。
video

円山動物園だより|今月の動物:フンボルトペンギン

ペンギンといえば、寒い地域にすんでいると思う人が多いかもしれませんが、フンボルトペンギンは、チリからペルーにかけての温暖な海岸沿いに生息しています。

旭山動物園だより|知ってる? 動物園の役割 『調査・研究』について

 今回は、動物園の4つの役割の中の「調査・研究」について、旭山動物園としての考えをご紹介します。レクリエーションとして利用されることが多い動物園ですが、実は動物たちのため、いろいろな取り組みを行っています。
video

円山動物園だより|今月の動物:カンガルー

 オオカンガルーは大型のカンガルーで、オスの体重は約60~70 kg、メスはその半分ほどです。10頭前後の群れで暮らし、オス同士は順位を争って闘争をくり返します。直立姿勢は威嚇や警戒の合図。筋肉質で力強い尾だけを支えに立ち上がり、両足でキック、そしてするどいつめの前足で引っかきます。はげしい闘争で、前歯が折れてしまうこともよくあります。

【北海道版】おびひろ動物園 だより|今月の動物:エゾモモンガ

みなさんは、エゾモモンガという動物を知っていますか?名前は知っていても、実際に見たことがある人は少ないと思います。エゾモモンガは、夜行性動物を代表する動物なので、人との関わりが少なく、身近な所にいてもあまり知られていないのです。