最新の記事は

エコチル・リニューアルサイトをご覧ください ▶︎

2021年7月号までの記事はこちらからご覧いただけます。
2021年8月号以降の記事は「エコチルWEBマガジン」をご覧ください。

動物園だより

動物園だより

釧路市動物園 だより|今月の動物:チンパンジー

チンパンジーは西アフリカから中央アフリカの赤道付近にすんでいます。森の中で、主に樹上で暮らしています。体は人間より小さいですが、手足は長く、体重は30 kgから60 kgと人間の大人より少し軽いくらいです。

円山動物園だより|今月の動物:ダイアナモンキー

つややかな黒い毛と、首元の真っ白な毛が目を引くダイアナモンキー。額の白い毛が三日月形に見えることから、「ダイアナ(ローマ神話の月の女神)」と名付けられ、世界一美しいサルといわれています。背中やおしりの毛は赤茶色で、ももからひざにかけては白い毛が一筋の線のようにあります。

旭山動物園だより|今年度は 「知られざる飼育員のお仕事紹介」を4回シリーズでお届けします。

みなさん、こんにちは!今年度も旭山動物園の記事を担当します鈴木悠太です。よろしくお願いします!さっそくみなさんに質問です。動物園の飼育員の仕事といえば何でしょうか?

円山動物園だより|今月の動物:『エゾモモンガ』

エゾモモンガは北海道の森林に生息するリスの仲間で、札幌市内の公園や林にもすんでいる身近な動物です。足を左右に大きくのばし、前足と後ろ足の間にある皮膜を「帆」のように広げ、体全体で空気を受けながら、音もなく木々を飛び移ります。

おびひろ動物園 だより|今月の動物:アカカンガルー

アカカンガルーは、オーストラリアにすむ有袋類の中で最も大きな動物です。オスは体長150㎝にまで成長し、しっぽが最長100㎝以上と体と同じくらいの長さまで発達します。
video

円山動物園だより|今月の動物:オオワシ

オオワシは、日本に生息する一番大きなワシで、つばさを広げると約2mもあります。黄色くするどいくちばしと、全体的に黒っぽい羽、つばさの上部や尾の白い羽が特徴です。

釧路市動物園 だより|今月の動物:アフリカタテガミヤマアラシ

今年はネズミ年です。ネズミはネズミ目というほ乳類のグループの仲間です。ネズミ目は齧歯類とも呼ばれます。この「齧る」「歯」という名前にあるように、ネズミ目は歯に特徴があります。
video

円山動物園だより|今月の動物:ユキヒョウ

ユキヒョウは、肉食獣としては最も標高の高い、岩と雪におおわれた山岳地帯に暮らしています。岩にとけこむような毛の模様のため、発見することがとても難しく、「岩ヒョウ」や「幻の動物」とも呼ばれています。

旭山動物園だより|知ってる?動物園の役割 「教育活動」について

旭山動物園の飼育スタッフ・鈴木悠太さんが動物や動物園、自然について紹介するコーナーです。今年度は「動物園の役割」について解説します。『レクリエーション』『種の保存』『調査・研究』『教育活動』を4回シリーズでお届けします。
video

円山動物園だより|今月の動物:シセンレッサーパンダ

円山動物園の飼育員さんが、動物や動物園、自然について紹介するコーナーです

おびひろ動物園 だより|今月の動物:ゴマフアザラシ

野生のゴマフアザラシは北海道近海に生息し、海岸沿いや港の防波堤でも見ることができる、なじみのあるアザラシです。北海道の多くの動物園や水族館で飼育しています。体中にあるゴマをふりかけたような斑点模様が、名前の由来となっています。
video

円山動物園だより|今月の動物:エゾヤチネズミ、エゾアカネズミ

エゾヤチネズミとエゾアカネズミは、北海道に多くすんでいる野ネズミです。円山動物園内の自然豊かな森にも暮らしています。エゾヤチネズミのヤチは湿地を意味する「谷地」からきています。
video

円山動物園だより|今月の動物:ハミルトンガメ

ハミルトンガメは、熱帯地域の水草の多いきれいな池や沼、川などの水の中で暮らしています。黒と白の水玉模様が特徴的です。円山動物園には3頭います。

旭山動物園だより|知ってる?動物園の役割 「種の保存」について

旭山動物園の飼育スタッフ・鈴木悠太さんが動物や動物園、自然について紹介するコーナーです。今年度は「動物園の役割」について解説します。『レクリエーション』『種の保存』『調査・研究』『教育活動』を4回シリーズでお届けします。